トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2163

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成26年12月26日発行

■ニュースヘッドライン

▽24道府県がDPAT先遣隊整備に着手、被災者の心のケアへ(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20141226k0000m010164000c.html

▽来春の花粉、東日本は今春の180%以上の飛散見込み(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014122500022.html

▽ES、iPS細胞から精子や卵子の元の細胞を効率的に作製(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/141225/lif1412250032-n1.html

▽生活困窮者に年越しの食料や日用品配布、寄付も募集(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014122600001.html

 

--------------------------------------------------------------

          <お知らせ>

  12月29日(月)から1月9日(金)までメルマガの発行を
お休みさせていただきます。

  尚、新年1月5日(月)からは、ご注文やお問い合わせは
平常通りお受けしております。

--------------------------------------------------------------

 ▼ちょっと比較・・・今日の言語

  日本語:腱画
英 語:tendinous intersection
独逸語:Intersectio tendinea

男性,筋肉トルソー,27分解モデル
http://www.3bs.jp/model/torsos/va16.htm?mmail&d

浅・深層筋も正確に再現した男性型トルソー解剖模型です。
腱画はこのモデルでは109番です。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 12月26日(金)19:00~21:24 フジテレビ

全日本フィギュアスケート選手権2014
男子ショートプログラム

  2018年の次なる平昌五輪に向けて新しい時代の
幕があがった。羽生結弦、町田樹、無良崇人が
参戦。長野県ビッグハットからお届けする。
ゲスト解説:鈴木明子

▽明日 12月27日(土)18:30~23:10 フジテレビ

全日本フィギュアスケート選手権2014
女子ショートプログラム/男子フリー

  世界選手権の選考会を兼ねる誰も負けられない
本大会。女子は村上佳菜子、宮原知子、今井遥
が参戦。フリー演技では4回転ジャンプを3つ跳
ぶ構成に挑む羽生結弦や、町田樹は得意の感情
あふれる表現力を生かした芸術性で挑む。

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート 英司

私は子供のころから落語が好きで、小学生の課外活動は
落語を選択。大きくなるに従い、そんな機会も減り、
むしろ子供のころのほうが落語を積極的に聞いていた。

たまに落語に触れたいなと思っていたところ、
子供向けの落語の絵本を見つけた。
話が短く、わかり易く編集されており、これが面白い。

そんな私の影響を、かわいそうにもろに受けて、
子供も落語絵本の読み聞かせを楽しむように。
遂にはとある落語にでる、天角地眼一黒鹿頭耳小歯違
(てんかくちがんいっこくろくとうじしょうはちごう)
なんて言葉を覚えるまでに。

この言葉、牛をほめるもので、
角は天を、目は地を向き、黒一色、鹿のような頭で
耳は小さく、歯は互い違いという意味らしく、
素晴らしい牛の容姿を表す言葉だそうだ。

元は水牛を指したようだが、高級で知られる和牛も、
この言葉通り良否審査するようだ。

しかし、良い牛という判断もなかなかに難しい。

放し飼いで飼育した鳥、元気に外で育てた豚、
など、自然に近い状態で育てたおいしい肉、
のような表現があるが、和牛をこれに当てはめると
自然から離れた、人工的な飼育の牛となる。

牛は自然に近い状態で育つ場合、草を多く食べる。
オーストラリアなど、広い敷地でほぼ放し飼いに
する場合も、やはり牧草を多く食べて育つ。
牧草主体で育つことをグラスフェッドと呼ぶ。
グラスフェッドの牛の肉は甘味が少なく、においも
独特で赤みが多く肉質は硬い。
肉本来の味を楽しめる、とよく表現されるが、
日本人には受けが悪い。
よく外国の牛肉と称される肉だ。

対して和牛はトウモロコシなどの穀物と干し草を主体に
育てる。これをグレインフェッドと呼ぶ。

こうすることで、和牛独特の肉の香り、甘味が生まれる。
また運動量も制限することで脂の乗りも良い。

和牛に限らず、日本で好まれる肉牛はグレインフェッドだ。
日本で多くみられる輸入牛肉がアメリカ産なのは、
アメリカ牛の多くがグレインフェッドなのが一因。

私は食通でも自然論者でもない。
フォアグラを食べる機会に恵まれたら、
喜んでその脂肪であふれた肝臓を食べる。

ただ、グレインフェッドの牛肉を、おいしいと喜び
食べながら、人の食欲の業の深さを少々感じる。

まぁ、予算の都合上、牛肉を食べる
機会はめったにないが。


※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に