トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2015年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2180

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成27年2月4日発行

■ニュースヘッドライン

▽成人T細胞白血病のがん細胞死滅させる効果がある抗体開発(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20150204k0000m040119000c.html

▽富士フィルムが仏の機関とエボラ感染診断機器共同開発へ(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2015020300026.html

▽心臓移植手術募金1億8,850万円集まる、小6男児渡米準備へ(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/150203/lif1502030018-n1.html

▽認知症など事故防止に免許センターに看護師配置、適性相談(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=111652

 

--------------------------------------------------------------

 ▼ちょっと比較・・・今日の言語

  日本語:腸脛靭帯
英 語:iliotibial tract
独逸語:Faszienspanner des Beines

ビデオで学ぶ整形外科テスト法 下肢編
http://www.3bs.jp/soft/diagnosis/w39726.htm?mmail&d

股・膝・足関節に対するテスト法を分かり易く解説しています。
腸脛靭帯炎(グラスピングテスト)も出てきます。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 2月4日(水)20:00~20:43 NHK総合

ためしてガッテン
「クラッとしたら・・・そこに潜む病気解明SP」

  立ちくらみは実は血管の拡張と収縮がうまくいか
ない、いわば脳の酸欠状態で起きるが、中には
がんや心臓病が隠れている場合も。又、じっと
立っているだけで失神を起こす人が40代以上の
働き盛りに増加。早期発見、最新治療法を紹介。

▽明日 2月5日(木)19:57~20:54 フジテレビ

奇跡体験!アンビリバボー

母に女手一つで育てられた少年の夢は日本一の
ロードレーサーになること。だが多額の費用が
必要で、彼がプロとなり夢に近づいた頃、母が
難病になり肝臓移植が必要となる。この手術は
彼の選手生命に関わるのだが彼がとった決断は?
他、監視カメラが事件のカギになった事件も。


■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート イ子

昨日、2月3日は節分でしたね。

我が家でも「豆まき」をします。
鬼を決めて豆をぶつけるスタイルではありません。
部屋の一つ一つに「鬼は外、福は内」の掛け声と
ともに豆をまいて邪気を払うのが我が家流です。

そして、豆は、炒った大豆ではなく、落花生です。
落ちた大豆の皮で部屋が散らかるのが嫌だから。

子供の頃、豆まきはちょっとしたお楽しみでした。
部屋の邪気払いが終わったあと、一家で居間に
集合して、父が投げる落花生を拾うのです。
落花生のカラに「10」とか、「50」とかペンで
書かれたものを拾ったら、それは大当たり。

「10」は10円、「50」は50円と引換えできる
「ボーナス豆」なのです。
おそらく資金の出処は父か母の財布だと思います。
落花生のほかにも、飴やチョコレートも一緒に
まかれます。それらを拾えるかどうか、これが
子供の私には一大事なのでした。

あれから※十年。
今は、そんなゲーム的豆まきはしていませんが、
毎年、落花生を食べる時、「あんな遊び方
していたわね、私達」と、親子の会話のネタに
登場するのです。

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に