トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2015年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2189

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成27年3月5日発行

■ニュースヘッドライン

▽タミフル原料生産技術開発、ヒラタケ菌糸に青色LED照射(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2015030500017.html

▽マラリア原虫が治療薬への耐性を獲得する仕組み解明(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=112702

▽がんに薬を効率的に取り込ませるナノ微小粒子開発に成功(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20150305k0000m040139000c.html

▽血栓がある岩手宮城の仮設住宅住民増加、突然死の危険も(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2015030500012.html

 

--------------------------------------------------------------

 ▼ちょっと比較・・・今日の言語

  日本語:アキレス腱(踵骨腱)
英 語:achilles tendon / Heel tendon
独逸語:Achillessehne

足関節,靭帯付モデル
http://www.3bs.jp/model/joint/m34.htm?mmail&d

重要な靭帯とアキレス腱,長腓骨腱をはじめとする
腱を再現した足関節モデルです。

  こちらの商品もYouTubeにアップされています。
↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=7REJGKtLpMo

  よろしければ、チャンネル登録お願いします!

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 3月5日(木)20:00~20:30 NHKEテレ

ハートネットTV 被災地の福祉はいま
(3)揺らぐ復興~疲弊する自治体職員~

  震災と原発事故から4年、福島では今、避難区域を
抱える自治体の最前線で働く職員の疲弊が深刻な
問題となっている。うつ症状を訴える職員も通常
の10倍も存在、早期退職する人も。復興を支える
側を今後どう支援していくのか。

▽明日 3月6日(金)20:00~20:45 NHKEテレ

団塊スタイル「卒婚 新しい夫婦の形?」

  夫の定年を機に訪れる夫婦の危機。そこで夫婦が
互いの自由を尊重し各々の生活を楽しむ卒婚に
注目。完全個室を実現させ関係が深まった夫婦、
妻は都会で趣味に没頭し夫は田舎暮らしと別居
生活12年の夫婦にも密着。


■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート オリ

釣り好きの友人がいます。

「今度大漁だったら送るから!」と言っていたのですが、
よくある社交辞令かと思っていました。

ところが、ある日大きな保冷ボックスが送られてきました。
蓋を開けると30cmを超える身厚のアジが30匹近く!

漁師さんの船に乗せてもらう沖釣りなので、私が以前
サビキで釣っていたようなアジとは大違いです。
こんな立派なアジは見たことがありませんでした。

でもこの量と大きさは・・・とアジを前にしばし呆然。
とてもじゃないけど食べきれない&冷凍庫にも入りきらない!

妹夫婦や友人にも分けましたが、しばらく
アジには困らない生活ができそうです。

途中で三枚におろすのが面倒になって
内臓だけとって冷凍しました。

本当は干物にしたかったのですが、以前、干物に
するためにベランダに干していたアジをカラスに
狩られた苦い思い出があるのです。

物干し竿が邪魔で、上から干物に届かなかったカラスは
ベランダの柵から干物を奪っていきました。
今思い出しても悔しいできごとなのです。

まだカラス対策ネットを購入していなかったので
今回は断念しました。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に