トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2015年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2231

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成27年5月12日発行

■ニュースヘッドライン

▽裁量労働制の勤労者に異例の過労死認定、三田労基署(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20150512k0000m040130000c.html

▽厚労省、エボラ終息受け健康監視対象国からリベリア除外(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2015051200010.html

▽がん検診、異常なしの落とし穴、毎年定期的な検診を(日経新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO86352320R00C15A5000000/

▽今後雨季のネパールに長期医療支援必要、感染症流行懸念(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=118235

 

--------------------------------------------------------------

 ▼ちょっと比較・・・今日の言語

  日本語:虹彩
英 語:Iris
独逸語:Regenbogenhaut

  視覚器(眼球),5倍大・8分解ジャイアントモデル,
眼窩床・眼瞼・涙器付(F12)
http://www.3bs.jp/model/vision/f12.htm?mmail&d

  眼球は眼瞼と涙器に覆われ,眼窩床上に置かれています。
角膜と眼筋付強膜,虹彩と網膜付脈絡膜,水晶体,硝子体,
眼窩床,眼瞼(涙器付)に分解できます。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 5月12日(火)20:00~20:54 テレビ朝日

たけしの健康エンターテインメント!
みんなの家庭の医学 認知症予防の睡眠法SP

  近年の研究で物忘れと睡眠は大きく関係して
いることが判明。睡眠が十分とれていないと
物忘れが悪化?十分睡眠がとれているという
人も要注意!認知症を予防する上手な睡眠法
とは?

▽明日 5月13日(水)20:00~20:43 NHK総合

ためしてガッテン
「驚き!最新ねんざ治療 3日安静の大誤解」

  誰もが一度は経験する足首のねんざ。痛みが
とれれば治ったというのは大きな誤解、その
ままではとんでもない爆弾を足首に抱え込む
ことに。ひどいと足首の軟骨がすり減り手術
になることも。見分け方は靴底の減り方。
1日5分でできる正しい治療法や再発予防法も。

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート 微

前2回に渡って中性子線の遮蔽が何故難しいのかを見ました。そ
のキーとなっていたのがエネルギーの保存と運動量の保存でした。
ここからは,物理で普通に(?)使っている「~の保存」はどう
して言えるのかを見てみましょう。

物理には保存則が結構出てきます。先の2つ以外にも角運動量の
保存や電荷の保存などなど。各種の保存則は,日常含めて実験な
どでも確認されている事実ですが,「保存する」と言い切る根拠
は何でしょうか?

数学にネーターの定理というものがあります。多少物理的にアレ
ンジして言うと「系がある変換の元で,その系で記述される式が
形を変えないならば,保存量を持つ」というところでしょうか。
このネーターの定理が保存量の根拠となっています。そして保存
量がエネルギーであったり運動量,電荷などになります。

系とか,記述される式とか,曖昧な書き様ですね。ちゃんと書こ
うとすると解析力学の言葉を使わないとわたしには無理なので,
ざっくりと書きます。

昨日成り立った物理法則が今日も同じ場所で成り立つことがエネ
ルギー保存則と結びついていますし,同じ時間にハンブルクと東
京で同じ物理法則が成り立つことが運動量保存則と結びついてい
ます。(この言い様は高橋康先生の真似です。)

時間が変っても法則が変らない→エネルギーの保存
空間(位置)が変っても法則が変らない→運動量の保存

なんで時間とエネルギー,空間と運動量が結びついているかは解
析力学で言う共役な変数(物理量)から来ますが,説明はパスし
ます。要は「何か,変らないことと保存が結びついているのだな
ぁ!」と言うことです。

わたしがこの辺りを勉強したときに,当たり前と思っていた「い
つでもどこでも同じ法則が成り立つ」が決して当たり前でなく,
そこから保存則が保証されるという事にとても驚きました。また
同時に深遠さも感じました。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に