トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2015年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2248

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成27年6月4日発行

■ニュースヘッドライン

▽心臓病やうつ病治療薬がエボラ発症予防に有効な可能性(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2015060400007.html

▽来年度よりかかりつけ薬局認定制度導入、厚労省が協議開始(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=119414

▽3月の生活保護受給者過去最多、年度末契約切れで職失うなど(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2015060400011.html

▽刑務所しか居場所がない高齢受刑者増加、刑務所外に受け皿を(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150603-OYT1T50131.html

 

--------------------------------------------------------------

 ▼ちょっと比較・・・今日の言語

  日本語:顔面動脈
英 語:Facial artery
独逸語:Gesichtsschlagader

  M.A.頭部モデル(MAC07)
http://www.3bs.jp/model/head/mac07.htm?mmail&d

  卓上サイズの頭部解剖模型で左半側では筋,神経,
血管を露出表示しています。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 6月4日(木)20:00~20:30 NHKEテレ

ハートネットTV シリーズ 戦後70年 
第5回「ハンセン病の戦後」

  戦前から全国の療養所に収容され、断種手術を
強制されるなどの人権侵害にさらされてきた
ハンセン病患者。特効薬が開発され治るように
なった戦後も隔離政策は続行。彼らが自由を勝
ち取るまでの闘いを見つめ福祉の課題を考える。

▽明日 6月5日(金)20:00~20:45 NHKEテレ

団塊スタイル「どうする?老後のペットライフ」

  ペットを飼う高齢者が増えている。しかしペットの
寿命が延びる一方、高齢の飼い主が先に亡くなり
世話ができなくなるケースも多い。自分が先に亡く
なったり病気になったりした時に備えどんな準備が
必要かなど、ペットとのよりよい関係作りを考える。

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今
下記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第18回日本臨床救急医学会総会・学術集会

 日時:2015年6月4日(木)~6日(土)
場所:富山県民会館
(富山県富山市新総曲輪4番18号)

タブレット端末でCPR手技の
評価をグラフィカルに表示できる新製品
「CPRリリーPro」をお試しいただけます!

他には挿管練習モデル、外傷シミュレーター、
心臓、喉頭などの解剖模型も展示します!

 

 日本臨床救急医学会ホームページ
http://jsem.umin.ac.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート オリ

年を取ったなぁと感じた瞬間。

数年前まではほぼ毎年のように結婚式に参列していたのに
葬儀の参列が続いた時。

昨年末に伯父が誤嚥し、意識が戻らない半年近くがたち
亡くなってしまいました。
命には遅かれ早かれ終わりが必ず来る。
それは当然のことなのですが、死と向かいあうのは悲しい。

自分も年を取ったけど、もちろん周りも同じように年を取る。
ついこの間まで赤ちゃんだったのに、今では高校生になっていて
その成長にびっくりします。当たり前の事ではありますが、
人の一生は長いようで本当に短い。

そう考えると後悔しないように生きるのは難しいものですね。
それでもできる範囲で悔いのない生き方をしたいなぁと
心から思いました。

そんなしんみりしたことを書いておきながらなんですが、
葬儀のあとで驚いたことを一つ。

お骨拾いを終えた後、お斎がふるまわれました。
お斎を頂いたのははるかかなたの記憶。
冷たいお料理が多くて、それほど美味しかった記憶はありません。

ですが。
今のお斎は・・・ものすごく進化してました。
喪主の挨拶が終わって、ガーっと戸が開き現れたのは
オープンキッチン。シェフが何人もいます。

オープンキッチンからできたてのコース料理が振る舞われました。
冷たいものはお皿まできちんと冷たく、
メインには牛肉のステーキまで出てきました。

お斎って・・・こんなに美味しかったっけ?と
いい意味でショックを受けてしまいました。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に