トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2015年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2249

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成27年6月5日発行

■ニュースヘッドライン

▽70歳以上の3割が肥満、女性は年齢経るにつれ増える傾向(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/iryou/2015060500007.html

▽東京圏高齢者、2015年度は在宅ケアも医療介護供給不足に(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20150605k0000m010123000c.html

▽高齢者の地方移住促す提言、別府市など26道府県41地域に(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/150604/lif1506040039-n1.html

▽MERS感染医師行事出席でソウル市の隔離者3000人超の見通し(産経新聞)
http://www.sankei.com/world/news/150605/wor1506050005-n1.html

 

--------------------------------------------------------------

 ▼ちょっと比較・・・今日の言語

  日本語:舌静脈
英 語:Lingual artery
独逸語:Zungenschlagader

  舌,4分解モデル(T12010)
http://www.3bs.jp/model/mouth/t12010.htm?mmail&d

  第2小臼歯までの下顎と,正中分割できる舌と口腔底の筋,
右側の舌下腺と顎下腺を表示しています。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 6月5日(金)20:00~20:45 NHKEテレ

団塊スタイル「どうする?老後のペットライフ」

  ペットを飼う高齢者が増えている。しかしペットの
寿命が延びる一方、高齢の飼い主が先に亡くなり
世話ができなくなるケースも多い。自分が先に亡く
なったり病気になったりした時に備えどんな準備が
必要かなど、ペットとのよりよい関係作りを考える。

▽明日 6月6日(土)19:56~20:54 日本テレビ

世界一受けたい授業
「医師7万人アンケート・地震多発(秘)防災術」

  全国の医師7万人のアンケートで分かる医師の
ベストチョイス第2弾。健康診断で見つかりに
くい病気トップ5は?災害時は軍手より皮手袋の
方が役に立つ、懐中電灯より便利なモノ、など
知っておくべき防災術のポイントを解説。

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは只今
下記学会に出展中です。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第18回日本臨床救急医学会総会・学術集会

 日時:2015年6月4日(木)~6日(土)
場所:富山県民会館
(富山県富山市新総曲輪4番18号)

タブレット端末でCPR手技の
評価をグラフィカルに表示できる新製品
「CPRリリーPro」をお試しいただけます!

他には挿管練習モデル、外傷シミュレーター、
心臓、喉頭などの解剖模型も展示します!

 

 日本臨床救急医学会ホームページ
http://jsem.umin.ac.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート 英司

先日面白いニュースを知った。
人工的にウィルスを作り、このウィルスに
ガン細胞を破壊させるというものだ。

ウィルスに特定の遺伝子を組み込んで運ばせる
という使い方は今までもあった。
しかしそれらは既存のウィルスに希望する遺伝子を
取り込ませるというもの。

この研究ではウィルスを作る、ここがすごい。

ウィルスは分類方法によっては非生物である。
バクテリア(細菌)と混同されることがあるが、
バクテリアはれっきとした生物。

ウィルスは細胞を持たず、核酸とタンパク質の殻で
構成されており、非常に単純。
生物ではなく、機能を持つ構造体とされる。

遺伝子を持ち増殖するという、生物的振る舞いを
とるので、単純な生物という見方もあるが、
ここでは、一般的な生物よりきわめて単純な
構造と理解してもらえれば十分。

ウィルスは細胞に取り付くと、内部に入り増殖、
出てくるときに細胞を破壊する。

そこで、健康な細胞に取り付いても免疫系で破壊されるが、
ガン細胞では増殖できる、というウィルスがあれば、
ガンの治療に使える、というのが発端。

もしそんなウィルスがあれば、ガン細胞に侵入・増殖し、
細胞を破壊して外に出る。出ると増えたウィルスが多くの
ガン細胞に入り込みまた増殖・破壊。
これを繰り返す。

そんな都合のよいウィルスは今のところいないが、
単純な構造だから人工的に作ってみよう、というのが
この研究。

使うのは3Dプリンタ。
といっても、一般的な3Dプリンタのようにウィルスを
作り上げるわけではない。

利用するのはDNAの3Dプリンティング技術だ。
自由な形でDNAを作ることができるものだが、
これで特定の形状・構成のDNAを作成することで
ウィルス様の働きをするものを作る。

2014年5月には人工ウィルスの作成に成功したことが
アナウンスされている。
作製期間は2週間、コストは1000ドル。
まだ治療に使えるものではないが、人工的に
ウィルスが作れた意義は大きい。

1年半後には1ドルでウィルスを作れるようになる、
とアナウンスしている。

となれば、あとは感染する細胞を特定させる仕組み
作りができれば、夢の治療が完成するかもしれない。

神ならざる人が生物を作ることは許されない
のかもしれない。

でも、こんな有益なウィルスだったらぜひ許して
もらいたい。ウィルスは生物ではないけど。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に