トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2015年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2266

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成27年7月1日発行

■ニュースヘッドライン

▽今日から全国共通ダイヤル189番で児童虐待相談など受付(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2015070100006.html

▽来年度以降も地方へ新型交付金、高齢者の地方移住推進も(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2015070100005.html

▽5月に終息宣言のはずが、エボラ出血熱リベリアで再発(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/150630/lif1506300025-n1.html

▽患者1万人のアンケート評価で精神科を4段階ランク付け(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=120541

 

--------------------------------------------------------------

 ▼ちょっと比較・・・今日の言語

  日本語:尺側皮静脈
英 語:Basilic vein
独逸語:Vene der Ellenbeuge

  中心静脈カテーテルケア・トレーナー(WW46507/1)
http://www.3bs.jp/simulator/catheter/w46507_1.htm?mmail&d

  留置されている中心静脈カテーテルアクセス部からの
輸液と採血,消毒,ドレッシング,ルートの固定,
および皮下埋込型ポートへの穿刺の練習を行えます。
PICCアームの尺側皮静脈上腕部には5frのダブル
ルーメン・カテーテルが留置されています。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 7月1日(水)19:00~22:54 日本テレビ

ザ!世界仰天ニュース!!有名人仰天スゴイ癖
&夏の衝撃事件4時間スペシャル!!

  口唇口蓋裂という先天性異常の病気で生まれ
鼻は変形、上あごはなく心臓に3ヶ所の穴が
空いている女性。容姿のことでからかわれ、
中学校では不登校になり、苦しみながらも
前向きに生きようとする姿をお届けする。
他、絶対に寝ない洗濯バサミなど。

▽明日 7月2日(木)23:00~23:45 NHKEテレ

モーガン・フリーマン 時空を超えて
「死からよみがえることはできるか?」

  クローン技術などを駆使すれば、肉体の再生が
可能になるかもしれない。脳をコピーし心を
コンピューターの中で再生できるという研究者
もいる。しかしそれで生きていると言えるのか。
故人の経験や記憶はどうなる?究極の答えとは。

  
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> http://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート イ子

タリス・スコラーズという合唱団を初めて聴きに
行きました。

当日券で入場を狙っていたので、チケットがあるか否か
ドキドキしましたが、無事購入できました。

タリス・スコラーズはイギリスのア・カペラクワイヤーで
ルネサンス宗教音楽においては世界最高の合唱団なのだ
そうです。14年前にも新潟公演があったのですが、その
時は聴いていませんでした。

ルネサンス期の音楽
正直どんな作曲家がいたのか、知識はほぼ皆無です。
まだ知っているバッハ、ビバルディ、
これらの作曲家もルネサンス以降の作曲家です。
ならば、知識ゼロで耳から入ってくる音を楽しみましょう。
これがその晩の目的です。

純粋で澄明な響き
ポスターやパンフレットがいうとおりでした。
これまで無数に聞いてきた合唱や声楽のコンサートでは
声にビブラートがかかるのが当然なのですが、
タリス・スコラーズはビブラートしません。
男女10人の完璧なチューニングと音の混合が色合い、
響きを創り出します。

プログラムのある1曲は、ステージ上の5人、
パイプオルガンのバルコニー上に1人、あと4人が
3階席から分かれて歌うもので、天上から透明感に
満ちた美声がキラキラと舞い降りるような幸福体験
でした。

知ってよかった、タリス・スコラーズ。
ああ神様ありがとう。
そんな一夜でした。


※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に