トップ メニューへジャンプ, 本文へジャンプ

スターリングエンジン

スターリングエンジンの模型を熱機関として観察する


スターリングエンジン:画像

問い合わせご不明な点がございましたら,お気軽に問い合わせ下さい。

公費でのご注文について

セット番号
UE2060100

熱気を利用した熱機関は,昔から知られています。熱機関は高い温度の熱源からエネルギーを貰い,そのうちの何割かを力学的な仕事にして,残りのエネルギーは低温の熱源に渡します。

実験に必要な機器
品番 品名 価格(税込) 数量
U8440450 スターリングモーター 165,240円 1
U138021 プラグ付き安全リード線・75cm・15本セット 24,408円 1
U11901 機械式ストップウォッチ・積算式 19,764円 1

上記一式を買物かごに入れる

直流電源,15V,2A(別途ご用意ください) 1

※各製品ページから,それぞれ単品でもご購入いただけます。

実験解説書 ダウンロード(PDF)

基本原理

熱気を利用した熱機関のサイクルは,次の4 つに分けられます。加熱・膨張・冷却・圧縮この様子は下図1~4 に示しています。無負荷でスターリングエンジンが動いているときは,回転速度は摩擦と熱源からもらうエネルギーに依存します。力学的な負荷をかけると,回転速度が遅くなります。この様子をみるにはクランクに摩擦力をかけると良いでしょう。

参考資料

図1:加熱 図2:膨張

図1:加熱 図2:膨張

図3:冷却 図4:圧縮

図3:冷却 図4:圧縮

左メニュー学問分野

左メニュー終り
先頭にこのページの先頭に