トップ, メニューへジャンプ, 本文へジャンプ

イヌの全耳道切除術及び鼓室胞切開術

術技の全工程と,注意点,術後ケアまで分かりやすく解説


イヌの全耳道切除術及び鼓室胞切開術:画像

買物かごに入れる

公費でのご注文について

品番
W63735
価格
21,600円‐税込
送料
無料
送料規定の詳細
こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません
お届けに1週間程度かかります
DVD2枚セット(分売不可)

松田教授のよくわかる獣医外科基礎講座 第17弾

大好評「松田教授のよくわかる獣医外科基礎講座」の第17弾は,「イヌの全耳道切除術及び鼓室胞切開術」です。今回は,外耳炎の好発犬種であるコッカー・スパニエルの症例で,垂直耳道および水平耳道が閉塞しており,難治性で増殖性の外耳炎がみとめられました。また,慢性外耳炎であることから,中耳炎の併発が強く疑われるため,全耳道切除術及び,鼓室胞切開術を行うことになりました。

このDVDでは,松田教授が自ら執刀し,外耳道の切除,増殖した種瘤の除去,鼓室胞の切開,ドレーンの挿入,そして術後の管理に至るまで,わかりやすく解説しております。

外耳炎は病態が多様であり,その手術は,時として非常に困難なものとなります。重要な神経や血管に損傷を与えずに切開を進めるためには,術式の理解,そして何より解剖学的な知識が必須です。全耳道切除術及び鼓室胞切開術の映像は希少のため,是非このDVDをご覧いただき,学んでいただければと思います。

*指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです

イヌの全耳道切除術(55分)

ここでは,外耳道を全て切除し,種瘤等の炎症源を除去します。顔面神経や大耳介動脈などへ損傷を与えないように,慎重に切開を進めていきます。洗浄をした後,仮縫いをして鼓室胞切開術へと移ります。

イヌの鼓室胞切開術(48分)

腹側アプローチで鼓室胞底部を開孔し,鼓室胞内の残骸を除去した後に,外耳から中耳にかけてドレーンを挿入し,縫合します。そして,耳側の縫合を行います。最後に,術後の管理について解説をします。

この商品を見た人は,こんな商品も見ています

DVD・ビデオ(左メニュー)

左メニュー終り
科目別おすすめ製品
先頭にこのページの先頭に