トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1739

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成25年2月15日発行

■ニュースヘッドライン

▽福島原発事故当時18歳以下の甲状腺がん3人、7人に疑い(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013021300036.html

▽初のiPS細胞臨床研究承認、目の細胞作成し患者へ移植(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013021300037.html

▽特養で心理的虐待による懲戒解雇、トイレでの姿携帯撮影(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=72797

▽働く嫁としゅうとめが同居の場合、約7割が関係良好(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130215/trd13021507320004-n1.htm

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  青斑 (せいはん)<locus ceruleus>

  locusはラテン語locus(場所、位置)からきました。
  locationもここから派生した言葉です。
  ceruleusはラテン語caeruleus(濃い青色)より。
  セルリアンブルー(cerulean)の語源ともなっていいます。
  
バランスクッション・ソフト ブルー 36cm
  https://www.3bs.jp/therapy/balance/w11270-w54266.htm?mmail&d

  不安定なバランスクッションに乗ることで普段使わない筋肉を
刺激します。繰り返し練習することで, 下半身の使い方や体重
移動のバランス感覚が身に付きます。

  ※バランスクッションは全8種類あります。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 2月15日(金)19:30~19:55 NHK総合

  特報首都圏「逗子ストーカー殺人事件 知られざる真相」

      昨年11月、長年のストーカー被害の末に命を
      奪われた神奈川県逗子市の事件。相談を受け
      つつ事件を防げなかったことを悔やむカウン
      セラー。どうすれば被害を防げるのか改めて
      事件を見つめて考える。

     
▽明日 2月16日(土)21:00~22:09 TBS

  世界ふしぎ発見!「世界最"深"ミステリーSP
不老不死の遺伝子を追え!」

      イタリアで見つかった長寿遺伝子とは?
冷凍健康法?寿命を100歳までのばせる
      アメリカ最新遺伝子研究の初取材、など
      寿命と遺伝子の謎をミステリー仕掛けで
      解明していく。 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> https://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
       

 

■編集部「よろず」ノート written by 英司

さて、暗号化の話も今回で一旦終了としようと思う。
で、最後の話は暗号化のどこが科学なのかということ。

公開鍵方式でつかわれる暗号化技術にRSA暗号がある。
これは素因数分解を効率的にとく式が存在しない
ことを利用した暗号だ。

素因数分解とは、ある数字を素数に分解することだ。
簡単に言えば、これ以上細かくできない数に
分けましょうということ。中学生で習うはず。

33なら11と3
44なら11と2と2

これのどこが暗号かといえば、送るデータを膨大な
桁数の数字に変換し、素因数分解をしないともとの
形に戻らないようしてやる。
たとえば、上の例なら元の数字A 、これに鍵となる
素数Bをかけて33に変換する。

33程度なら元データAが3、鍵が11と、簡単にわかって
しまうが、これはどうだろう。
AxB=413969
データAと鍵の素数Bはわかるだろうか?

答えは
Aが503、Bが823。(A、Bは逆でもかまわない)
6桁の因数分解までいくとかなり難しいのがわかる。

人の頭だから難しいのであって、コンピュータなら
簡単に計算できるのでは?

いやいや、そうもいかない。
6桁程度なら簡単に解けるが、暗号に使うのは310桁。
素数の規則性は明らかではないし、素因数分解を効率
よく行う計算式がないのだ。(計算式はあるが効率が悪い)

NTTが2010年に達成した世界記録では768bit(10進数で232桁)
の因数分解に成功している。
このときは300台のコンピュータを使い3年かけている。

普通のPCなら数百年以上。

RSA暗号は1024bit(310桁)。無限に続ければいずれ答えは
出るのだが、悪意を持つ誰かが生きている間には答えは出ない。

こんな数学によって情報の安全性が守られている。


※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に