トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1914

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成25年11月19日発行

■ニュースヘッドライン

▽細胞シートなど再生医療用製品材料での血液使用解禁(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=88279

▽生殖医療PT初会合、来年法案提出が目標(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20131119k0000m010035000c.html

▽白斑訴訟でカネボウが損害賠償請求棄却要求(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2013111800004.html

▽人命維持に必要な酵素の飽和度をスマホでチェック(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131119/bdy13111908240003-n1.htm

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  頬 (ほお) <cheek>
  
  古英語ceoce(顎)に由来します。
        
ネアンデルタール人の頭骨モデル
  https://www.3bs.jp/model/skull/vp751_1.htm?mmail&d

  1908年に南フランスで発見された3万5千~4万年前の
  頭骨を復元した模型です。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 11月19日(火)23:30~23:55 NHKEテレ

  オイコノミア「もしも病気になったら・・・」(後編)

      医師から95%成功する、と説明されるのと
      20人に1人は失敗すると説明を受けた場合、
      同じ確率なのに前者を選ぶ人の方が多い。
      時には医師と患者の間に情報の非対称性も
      生じるが、偏見や先入観を取り除き、賢い
      選択への道を探る。
 

▽明日 11月20日(水)20:00~20:43 NHK総合

  ためしてガッテン
  「まさか!物忘れの原因が心臓だったなんて」

      心臓の脈拍が一拍抜けてしまう"脈とび"は
      大半は問題なしだが中には一瞬の物忘れや
    めまい、悪化すると突然死に至る危険な
      ものも。さっきまで話していた事がなぜ
      記憶から抜け落ちてしまうのか?脳の血流
      低下を招く3秒の空白とは?

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> https://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by 微

「基礎方程式カップで思ったこと」その2

今回取り上げる式はHPの写真にも写っています。オイラーの等式
と呼ばれる,オイラー数(自然対数の底)の肩に虚数とパイが乗
っている奴です。

これは恒等式ですが,物理で多用と言うより無いと物理が成り立
たないほど重要な式の特殊形です。普通に使うのはもっと一般的
な形,虚数×変数が肩に乗ったもので,複素関数(実部がコサイ
ンで虚部がサイン)です。いや,いちいち三角関数に落とし込ま
ないで,そのまま使います。

でも,不思議ですよね、指数関数のはずが、周期関数になるので
すから。

この周期関数は波を記述するのに使用することが多いです。「波
なんて,物理の一部では?」,ごもっとも。ただ古典論でも電磁
波はそのまま波ですし,力学でも周期運動の微分方程式はこの関
数で解を表わします。フーリエ解析は正にこの式の重ね合わせ
(足し合わせ)ですね。

そして量子論に入ってくると波の連続です。量子力学では「何が
振動しているのかよく分からないけど」,波の重ね合わせで状態
が記述されます。もっと物理的なイメージがはっきりする量子場
の理論(古典場を量子化したもの)も波(調和振動子)の集まり
です。

因みに量子場の理論と同じ数学形式で,物性論(マクロに見える
ものを扱う領域)も準粒子(quasi-particle)なんかを記述しま
す。
うん,ファインマンがこの式を「一番重要な式」と言ったものも,
正論,ですね。

オイラー数(自然対数の底)自体,無理数なのに,なんにでも出
てきますし,それが周期関数になる(指数に虚数を使うと)とか,
数学の底知れなさを感じます。

他にも取り上げたい式はありますが,次回は物理の式を見てみま
しょう。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に