トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2014年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.1972

■■■-----------------------------------------------------■■■
                     平成26年2月27日発行

■ニュースヘッドライン

▽iPSでパーキンソン病治療、京大臨床申請、新法で初手続き(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20140227-OYT1T00033.htm

▽レット症候群、患者の症状データベース化へ、研究支援目的(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=93633

▽子どもの吸入ステロイド薬、身長の伸び抑える可能性で注意(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2014022700005.html

▽脇見運転など運転者の注意方向をLEDで歩行者に通知する技術(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20140227k0000m040137000c.html

 

--------------------------------------------------------------

▼ちょっとウォーミングアップ・・・今日の単語 

  静脈管索 (じょうみゃくかんさく)<venous ligament>
  
  ラテン語ligamentum venosum(静脈管索)からきました。
  
肝臓の組織構造モデル
  https://www.3bs.jp/model/diges/k24.htm?mmail&d

  肝小葉単体とその集合の様子を立体的に再現したモデルです。
  肝臓の機能的単位/構造的単位を2つの異なる倍率で見ること
  ができます。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 2月27日(木)23:00~23:20 NHKEテレ
      
  東北発未来塾「地域医療のチカラ いかせ!住民パワー」

      診療所を中心に保健や介護の専門家と
      連携、地域で高齢者を守る体制を作って
      きた長医師。住民と協力し自治会やNPO
      と共に作ろうとしている支援システムの
      ポイントとは?

▽明日 2月28日(金)22:00~22:50 NHK総合
      
  NHKスペシャル「聞いてほしい 心の叫びを
       ~バス放火事件 被害者の34年~」

      新宿西口バス放火事件で全身80%にやけどを
      負い、奇跡的に一命を取り留めた杉原さん、
      しかしやけど治療が原因と見られるC型肝炎に
      感染、後に肝臓がんを発症。あれから34年、
      終わることのない被害者の苦悩を描く。

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
3月9日(日)に開催される下記セミナーに出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第2回日本生体咬合学術セミナー

 日時:2014年3月8日(土)~9日(日)
    ※展示は9日のみ。
 場所:ヒューリック浅草橋ビル   
    (東京都台東区浅草橋1-22-16)
    

環椎・軸椎模型、頚椎模型のほか
頭頚部ソフト、頭蓋模型などを展示します!

 日本生体咬合学術協会ホームページ
 http://www.bio-occlusion.com/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

      
■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> https://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d
     

■編集部「よろず」ノート written by ゆたか

ソチオリンピックが終わり、
私の楽しみも終わったように感じる今日この頃です。

それにしても、10代の選手達は並外れた精神力を持っていると
つくづく思わされました。コメントにもビックリでした。

平野歩夢選手:新潟県出身で地元では、すごい応援でした。
「どこへ行っても、どんな大会でも、緊張はしない」

 私など、今でも緊張の連続で、トイレとお友達ですからね。
 初めて行くところでは、まずトイレの場所を確認しますから。

羽生結弦選手:わが子を見守るように応援していました。
「以前は、食べる事は苦痛な作業の1つだった」

 私から食べる事を取ったら、楽しみがなくなってしまうのに!
 1日3食は少ないと思う日がどれだけあることか!

選手、大会関係者の皆様、多くの感動をありがとうございました。

ソチパラリンピックがこれから開催されます。こちらも、
もっとテレビ放送があっても良いのではないでしょうか!

私もオリンピックを目指し、日の丸を背負ってみたいと
真剣に思いました。
シニアオリンピックなら、まだ間に合うかも?

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に