トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2015年バックナンバー

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2292

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成27年8月7日発行

■ニュースヘッドライン

▽家族承諾の脳死移植、半数は医師からの説明がきっかけ(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=122107

▽2014年度介護保険サービス利用者588万3千人で過去最多(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2015080700005.html

▽インフル治療薬2剤、乳製品にアレルギーがある人は注意(朝日新聞)
http://apital.asahi.com/article/news/2015080700004.html

▽ビルの一室などにある園庭なし保育所急増、公園争奪戦に(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/150806/lif1508060001-n1.html

 

--------------------------------------------------------------

         <お知らせ>

  8月10日(月)から8月14日(金)までメルマガの発行を
お休みさせていただきます。

  尚、8月10日(月)から12日(水)までは、ご注文や
お問い合わせは平常通りお受けしております。

--------------------------------------------------------------

 ▼ちょっと比較・・・今日の言語

  日本語:大腿動脈
英 語:Femoral artery
独逸語:Oberschenkelschlagader

  左大腿骨 ORTHObones(W19128)
https://www.3bs.jp/orthobones/w19128.htm?mmail&d

  骨切り・骨削り練習用の実物大の左大腿骨モデルです。
緻密で固い皮質骨と比較的柔らかいスポンジ様の海綿骨
からなります。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 8月7日(金)23:00~23:55 NHKEテレ

心と脳の白熱教室 第3回「あなたの中のサイコパス」

よく猟奇犯罪と結び付けられるが、誰しもが
サイコパス的気質をもつといい、大企業の
CEOなど社会的に成功している人々のサイコ
パス度が高いという。困難な状況下で冷静に
物事に対応するサイコパス的特性をうまく
活用して人生に役立てることができるのか。

▽明日 8月8日(土)20:00~20:45 NHKEテレ

チョイス@病気になったとき「あなどれない!貧血」

たかが貧血と考えるのは大間違い。貧血には
原因があり、命に関わる危険な病の場合も。
貧血を引き起こす病の正体と治療法を紹介。

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> https://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート 岩子

こんなにあっけないものだとは思いませんでした。

前日までは元気で食欲も旺盛、おかわりまでしていたのに、
翌朝、ゲージの中を見ると、うちのモルが横倒しの状態で
足をヒクヒクさせているではないですか。
かすかにうめき声もあげていました。

当然、朝食もいやがり、お薬も口からポタポタ落として
飲み込もうとしません。

慌てて動物病院につれていったのですが、土曜日だったので
朝8時頃到着したのに既に診察順は6番目でした。

順番待ちの間にも何度か軽くうめき声をあげながら、時折
短い足を痙攣させるように延ばしたり蹴ったりしていたの
ですが、そのうち静かになり、動かなくなってしまいました。
肩を軽くトントンとしたり、身体をさすったりしましたが、
目を開けたまま、全く反応がありません。

先生が3番目の動物を診察中の出来事でした。
でも、たとえ1番目でも最早、助からなかったと思います。

何が原因だったのかわかりません。ただ、食べた割には
翌日の便の量が少なかったので、お腹にガスがたまって
鼓腸症になったのかもしれません。

モルモットは本能で体調が悪くてもその症状を隠そうと
します。穏やかな目をしていましたが、本当はとても
苦しかったのでしょう。

「モルモットの病気」-ペットの森-
http://petnomori.jp/knowledge/detail/?w_book_id=416

動物をはじめてその場で看取ることができました。

動物とのお別れはもうたくさんです。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。

  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に