トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2016年バックナンバー

smartanatomy

NEW! 3B Smart Anatomy対応の人体模型を製品登録することで、以下の特典が得られるようになりました!

  • 解剖学習アプリの利用ライセンス(無料)
  • 製品保証期間を5年に延長(無料)
3B Smart Anatomyの詳細
閉じる

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2409

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成28年2月26日発行

■ニュースヘッドライン

▽暖冬でインフル流行今がピークか、昨季より1ヶ月半遅く(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=130804

▽全国初、マダニ感染症SFTS抗体を愛媛で初確認(読売新聞)
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=130805

▽耳掃除中の事故5年間で178件、鼓膜破れも3件(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/160226/lif1602260005-n1.html

▽うつからの脱出ポイント、身支度、見た目も意外と大事(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/SDI201602249857.html

 

--------------------------------------------------------------

 ▼ちょっと復習・・・今日の問題

  ラテン語apex(端、点、頂上)から派生した靭帯は?

  1.肩鎖靭帯
2.環椎十字靭帯
3.歯尖靭帯

  <参考商品>
https://www.3bs.jp/model/torsos/va16.htm?mmail&d

<前回の答え>
ラテン語fascia(帯、バンド)に由来する膜は
筋膜(fascia)です。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 2月26日(金)22:55~23:20 NHK総合  

ドキュメント72時間「真冬の東京 その名は"はな子"」

東京、吉祥寺の小さな動物園に日本最高齢、
69歳のゾウのはな子がいる。人々を惹きつ
けてやまない不思議なゾウ。孤独を受け入
れ歯が1本になるまで年老いても毎日広場に
立ち続ける。真冬の動物園で3日間はな子に
魅せられた人々に密着。

▽明日  2月27日(土)18:56~20:54 テレビ朝日  

池上彰のニュースそうだったのか!! 2時間スペシャル

電力自由化というがどの部分が自由化されるのか。
銀行が日銀に預ける利子がマイナスになるのが
マイナス金利、なぜ銀行は日銀にお金を預ける?
北朝鮮への経済制裁とは何?難民は希望した国に
いけるの?などわかりやすく解説。

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> https://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート 英司

我が家の外食は、大抵は回転ずし。
皿をとる時悩まない、お安いほうの回転ずし。

あのお値段でよくできるなと感心する。
ネタの良さはお値段の割にということなので、
大満足というより、そこそこ満足。

特にイカは難しい。
イカは時間による変化が魚より激しい。
その一方、昨今は店舗調理が増えた回転ずしでも
丸ごとのイカを調理することはほぼ無い。
2重苦のネタ。
子供にこれがイカの味だと思われると悲しい。
イカってものはこんなにぐにゃぐにゃしたもの
ではないし、こんな臭いもしないものなんだ、
なんて毎回思う。と同時に、まぁこのお値段で
食べられるのならと、納得している。

何イカ食べているのかわからないが。

ヤリイカと書かれているイカが小さすぎる。
一般にヤリイカと呼んでいるのは、
ヤリイカ科のヤリイカ。
寿司屋のはどう見ても小さくて、これは
ヤリイカ科のヒメジンドウイカ。

ヤリイカであることに嘘はない。

切り身のイカとなればイカとしか書かれず、
全体像も不明なので、もう何イカかわからない。

国外加工済みの冷凍品を仕入れるしかないもの
なので、味も臭いこれでしょうがないのだ。

同じく気になるのがエンガワ。
お高いお寿司屋さんでエンガワといえばヒラメの
エンガワだが、高級魚の希少部位が回転ずしで
大量に回るはずもなく。

カラスガレイのエンガワが多い。
カレイだってエンガワだから嘘じゃないし、
とった魚をちゃんと食べるんだから悪いこと
ではない。

カラスガレイの身は切り身にされ、冷凍。
煮物・揚げ物などに重宝される。
その加工時にエンガワ部分が切り取られ
寿司用に冷凍される。
加工後に冷凍されるためか独特の臭いなどがでてくる。

アナゴは深海魚(和名を失念しました)やウミヘビ、
マアナゴ近縁の物の場合もあるようだ。

わたしは別にこれらを食することを悪いとは思わない。
カレイのエンガワをヒラメと偽るなど、偽装はいけないが、
そうでないなら、これらの食材を悪く言う必要はない。

タイだって真鯛はいわゆるタイだが、真鯛と書かれて
いないものは別の魚。
ハマグリだって、ネギトロだって、マグロだって。
安く食べられるよう、頑張って見つけた食材なので、
ありがたくいただく。
植物油や調味液に漬けこんだものはどうかと思うが。

ヤリイカなど誤認される名前に違和感はあるかもしれない。
しかし、これも難しい問題。

有名レストランオーナーがアメリカに出店したとき、
明太子をCod roe(タラの卵)としたら気持ち悪がられ不評。
名前を博多スパイシーキャビアに変えたら大ヒット。
名前はすごく重要。

イカだってヒメジンドウイカと書いて出すのは難しいのだ。
個人的にはヒメジンドウイカと書かれたほうがいいが。

結局行くたびに感じるのは、アジの安定感。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

eメールニュースレター登録



先頭にこのページの先頭に