トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2016年バックナンバー

smartanatomy

NEW! 3B Smart Anatomy対応の人体模型を製品登録することで、以下の特典が得られるようになりました!

  • 解剖学習アプリの利用ライセンス(無料)
  • 製品保証期間を5年に延長(無料)
3B Smart Anatomyの詳細
閉じる

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2441

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成28年4月15日発行

■ニュースヘッドライン

▽混合診療の規制緩める患者申し出療養4月開始、依然課題も(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASJ4H2G60J4HUBQU005.html

▽AIで自閉症見分ける方法開発、脳活動のパターンから検出(毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160415/k00/00m/040/067000c

▽透析時の個室など2項目につき特別料金徴収を了承(読売新聞)
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160414-OYTET50018/

▽ツイッターとぎゃるる悪用の児童犯罪被害急増、援交の温床(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/160414/lif1604140031-n1.html

 

--------------------------------------------------------------

 ▼ちょっと復習・・・今日の問題

  チェコの解剖学者の名前からとったものは?

  1.プルキンエ細胞
2.ダルクシェビッチ核
3.ランビエ絞輪

  <ヒント・参考商品> 
https://www.3bs.jp/prepa/human/w13407.htm?mmail&d

<前回の答え>
ラテン語nux(クルミ)由来のものは
核(nucleus)です。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 4月15日(金)22:00~22:45 NHKEテレ

モーガン・フリーマン 時空を超えて
「人間にとって神とは何か?」

神は実在するのか人間が生み出した概念
なのかという永遠のテーマに心理学や脳
神経科学者が挑む。人間には動揺した時
物事の意味を知りたがる傾向がある事や
体外離脱の実験、祈りの時に脳に生じる
電気信号の分析など多角的に検証を行う。 

▽明日  4月16日(土)18:56~20:54 テレビ朝日

池上彰のニュースそうだったのか!! 
2時間スペシャル

もし自分や家族が逮捕されたらどうする?
弁護士はいつ頼む?着替えは持って行ける?
容疑者と被疑者は違う?マイナンバーは
いつから使う?イスラム過激派はグループ
によって全然違う?など素朴な疑問に回答。

■学会のお知らせ

弊社日本スリービー・サイエンティフィックは
4月22日(金)から開催される下記学会に出展いたします。

実際に手にとって精度や感触をお確かめいただける
チャンスです。

★第68回 日本産科婦人科学会学術講演会

 日時:2016年4月22日(金)~24日(日)
場所:東京国際フォーラム    
(東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)

新仕様にリニューアルされた
出産シミュレータ「SIMone」を展示します!

9本の追加シナリオなど多数の新機能が追加された
「SIMone」を展示ブースでご確認ください。

他には腹腔鏡トレーニングボックスや
バイオスキン縫合プレートを展示します。

 日本産科婦人科学会ホームページ
http://www.jsog.or.jp/

皆様のお越しをお待ち申し上げております!

 

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> https://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート 英司

脂肪の話の続き。

低カロリーの食事の場合、摂取カロリーが同じなら
・炭水化物主体
・脂肪主体
の食事を比較すると脂肪主体のほうが痩せることを
示す論文を紹介した。

しかし、脂肪と炭水化物ではグラム当たりの
カロリーが全く違い、グラム当たりのカロリーは
脂肪は炭水化物の2倍以上。
満足するまで食事をしたら、脂肪主体ではカロリー
オーバーではという疑問が残る。

低カロリーの食事で、摂取カロリーを統一せず、
炭水化物、脂質の摂取量を制限した研究があった。
(J Pediatr. 2003 Mar;142(3):253-8. Sonidike SB)

この中で、
1.炭水化物の摂取量を1日20g未満を2週間、1日40g未満を
10週間継続するグループ
2.1日のエネルギー摂取のうち脂質の割合を30%未満に
抑えるグループ
に分けて、体重の変化を調べた。

1.炭水化物を制限したグループは摂取カロリーが1830kcal
2.脂質を制限したグループは摂取カロリーが1100kcal
で、炭水化物制限グループは、脂質によりカロリー
摂取量が増えた。

しかし体重は、
1.炭水化物制限:平均9.9kg減少
2.脂質制限:平均4.1kg減少

と、カロリー摂取が多いにもかかわらず体重が減少した。
この結果には驚いた。
数字だけ見れば、低炭水化物・高脂質の食事なら
もっと研究時の量より食べても、痩せられると
考えられる。

食事の脂質は気にすることないのかといえば
決してそんなことはなく、脂質の取りすぎは
健康を害する場合もある。

脂質が多い食品が太りやすいわけではないよ、
というお話。

 

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

eメールニュースレター登録



先頭にこのページの先頭に