トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2016年バックナンバー

smartanatomy

NEW! 3B Smart Anatomy対応の人体模型を製品登録することで、以下の特典が得られるようになりました!

  • 解剖学習アプリの利用ライセンス(無料)
  • 製品保証期間を5年に延長(無料)
3B Smart Anatomyの詳細
閉じる

広告

■■■-----------------------------------------------------■■■

   『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2476

■■■-----------------------------------------------------■■■
平成28年6月14日発行

■ニュースヘッドライン

▽患者申し出療養制度、全国63ヶ所の病院が相談窓口設置(毎日新聞)
http://mainichi.jp/articles/20160614/k00/00m/040/087000c

▽熊本地震被災で心のケア必要な子新たに1215人、特に小学生(読売新聞)
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160613-OYTET50002/

▽2014年度の要介護要支援認定者初の600万人超、厚労省発表(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASJ6F5CY6J6FUTFK00L.html

▽卵子凍結、全国自治体初の公費助成行う浦安市で1例目実施(読売新聞)
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20160613-OYTET50000/

 

--------------------------------------------------------------

         < お知らせ >

  
来週よりこのメルマガは「2分でサクサク読む医療・健康
ニュース」としてリニューアルし、週2回発行となります。
祝日を除く毎週火、金曜日に、さらに厳選したホットな
ニュースをお届けします。

 編集部「よろず」ノートも引き続きご愛顧下さい。

--------------------------------------------------------------

 ▼ちょっと復習・・・今日の問題

  ラテン語lumen(光)に由来するものは?

  1.血漿
2.白血球
3.内腔

  <ヒント・参考商品>
https://www.3bs.jp/model/heart/w64706.htm?mmail&d

<前回の答え>
ラテン語adventus(到来)からきたものは
外膜(tunica adventitia)です。

--------------------------------------------------------------

■注目のテレビ番組

▽今日 6月14日(火)19:00~20:53 テレビ朝日

たけしの健康エンターテインメント!
みんなの家庭の医学 名医が認めた医食同源SP

名医がひざ痛、動脈硬化、がんに効果がある
と認めた食材を大公開。悪玉コレステロール
を減らす効果が認められ米国農務省の研究で
も健康効果が認められた食材とは?変形性膝
関節症を予防、改善する身近な食材とは?

▽明日  6月15日(水)21:00~21:54 日本テレビ

ザ!世界仰天ニュース 風邪薬を飲んで
衝撃のアレルギー!驚きのアレルギーSP

全身やけどのように粘膜がただれた看護学生、
薬局で買った風邪薬が原因であった。頭痛や
けん怠感など謎の体調不良が続き抜け毛にも
悩む女子プロゴルファー岡村、原因はある身
近な食べ物であった。珍しい遅延型食物アレ
ルギーの謎に迫る。

■はじめての方へ------------------------------------------------

『 毎日2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』の
弊社が発行するもう一つのメールマガジン

▼「月刊 3Bサイエンティフィック」

新製品の紹介や数量限定セールのお知らせなどの他、
「解剖学の先生のコラム」が特に人気の月1回発行の
メールマガジンです。
現在、約4000名の方々にご愛読いただいています。

購読は無料です。
読者登録はこちら>> https://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

■編集部「よろず」ノート 微

読者の皆さまには釈迦に説法ですが,先週末の
よろずノートの「断熱膨張」というキーワード
に食指が動いたので,少し。

断熱膨張,言葉通りに外からの熱のやり取りの
ない状態で物体(この例では気体)の体積が増え
る状態変化です。この時,外部(大気,でしょう
ね)に対して仕事を行っているので,その分内部
エネルギーが減少し温度が下がる。
厳密ではないですが,だいたいこの程度ですね。

ですが,この手の熱力学特有の言葉に親しみは
あるでしょうか?内部エネルギーや状態変化や,
内部エネルギーと温度の関係とか。

わたしが学部の時に最初に習った熱力学は「熱・
統計力学」という名前で,ざっと熱力学を浚った
あとすぐに統計力学に移行してました。そうする
意図も分かっているのですが,こうすると熱力学
に対して親しみが薄い,わたしのような学生にな
りがちです(笑)。むしろ,工学の方が熱力学を
しっかりとやるはずです。
4力(よんりき)の1つですから。

今は和書で優れた熱力学の教科書が幾つもあり,
熱力学の恐ろしく緻密な議論,しかも内部構造を
限定しないで,という「独特の美しさ」を学べる
でしょう。
熱力学の独特の美しさ,なる言葉は今の学生さん
もそうだと思いますが,よく教授から言われてま
した!
しかしわたしがこの言葉を実感するには,気体は
分子からできている(気体だけじゃなくても良い
のですが),
を頭の外に置いて学び直す必要がありました。

では最初に戻って,断熱膨張で,もし外界が真空
であったら温度はどうなりますか?
ただし,ここでは理想気体とします。

答えは,膨張するときに仕事をしませんので,
温度は変わらずです。(理想気体なら,です。)

このように熱力学はエネルギー保存則と熱の自発的
な流れの方向を基本則として組み立てられています。
(他に熱力学の第0法則と第3法則もあります。)
こんな少数の基本則から,物体の内部構造を問わず
に確立してしまうところに熱力学の面白みがあると
思っています。

仕事柄今の高校の教科書を見てみると,やはり熱
力学分野はすぐに気体分子運動論に移ってしまい,
わたしのような学生が量産されるのか?と少し
不安にもなります。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

eメールニュースレター登録



先頭にこのページの先頭に