トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2017年バックナンバー

smartanatomy

NEW! 3B Smart Anatomy対応の人体模型を製品登録することで、以下の特典が得られるようになりました!

  • 解剖学習アプリの利用ライセンス(無料)
  • 製品保証期間を5年に延長(無料)
3B Smart Anatomyの詳細
閉じる

広告

■■---------------------------------------------------■■

  『 2分でサクサク読む医療・健康ニュース 』 vol.2539

■■---------------------------------------------------■■
平成29年1月20日発行

■ニュースヘッドライン

▽カカオ多いチョコ毎日食べると大脳皮質量増加傾向(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/20170118-OYT1T50120.html

▽脳死男性心臓を女児に移植へ、10歳未満児心臓移植6例目(読売新聞)
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20170119-OYTET50044/

▽高水圧で加工した玄米粉に認知機能低下を抑える働き(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/170119/lif1701190022-n1.html

▽夜間高血圧、心筋梗塞や脳卒中で死亡の危険度2.5倍(産経新聞)
http://www.sankei.com/life/news/170119/lif1701190005-n1.html

▽ゲノム解析から脳梗塞発症のしやすさ予測する新手法(朝日新聞)
http://www.asahi.com/articles/ASK1M5QMLK1MULBJ00Q.html

 

-------------------------------------------------------
【本日の商品】

 脳,9分解モデル,動脈付
https://www.3bs.jp/model/brain/c20.htm?mmail&d  
-------------------------------------------------------

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━
■注目のテレビ番組
━━━━━━━━━━━━━━━━━

1月21日(土) 23:00~24:00 NHKEテレ

ETV特集 アンコール
「原発に一番近い病院 ある老医師の2000日」

福島原発事故で周辺の病院が休止し
地域医療崩壊の中、復興作業に携わる
新たな住民や、原発事故で居場所を
失った高齢者の最後の砦である双葉郡
広野町高野病院で孤軍奮闘する81歳
老医師の2000日を追う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼こちらも気になる!? テレビ番組
━━━━━━━━━━━━━━━━━

1月21日(土) 19:54~20:54 テレビ朝日

池上彰のニュースそうだったのか!!
「トランプ大統領でアメリカは、世界は変わるのか?」

1月22日(日) 21:00~21:50 NHKEテレ

NHKスペシャル MEGA CRISIS 巨大危機4
「地震大火災があなたを襲う」

-------------------------------------------------------

スリービーがお届けするもう一つのメールマガジン、

■ 月刊『3Bサイエンティフィック 月刊メールマガジン』

新製品の紹介や数量限定セール、キャンペーン情報などのお知らせの他、
「先生のコラム」が特に人気の月1回発行のメールマガジンです。
毎月25日頃配信、購読は無料です。

┏▼読者登録はこちら
https://www.3bs.jp/forms/entry.html?mmail&d

--------------------------------------------------------

■編集部「よろず」ノート by 英司

昨年も地域の運動会で子供に雄姿を
見せるべく、リレーのアンカーに
全力で挑んできた。

準備の甲斐あり、1位でゴール。
思い通りの形で加速でき、10mくらい
走ったところで抜ける確信が持てた。

後半のフォームは今年の課題。
フォームについては筋力以上に
複雑な考察が求められる。

科学的なアプローチは欠かせない。

そんなわけで、練習をまた考え直して
取り組むのだが、成果を見るべく
定期的にタイムをとっている。
道路で自分で計るという曖昧なものだが、
夏-秋頃は100mが11秒60程度で安定していた。

冬前に11秒前半を!とメニューを見直して
練習していたのだが、秋の終わり頃から
タイムが逆に低下。

おかしい。

メニューを変えたから疲労がたまったか?
フォームが崩れたか?
ウェアが冬用で動きが悪くなったか?
寒さで体が温まらないのか?

いろいろ考えて試したが、タイムは
低下したまま。
限られた練習時間の中で、これ以上
どこを改善できるか全く見えない。

そのうちふと思いついた。

空気抵抗か?

夏と冬で空気抵抗を計算してみる。

空気抵抗の計算式を調べてみると
空気抵抗係数×前面投影面積×空気密度×(速度×1000/3600)^2÷2
とある。

走っている私自身は季節で変化しないので
空気抵抗係数と前面投影面積は省いて
計算できる。

次の空気密度だが、これは
空気密度=P/{R(t+273.15)}
P:気圧
R:乾燥空気の気体定数=2.87
T:気温
で割り出せる。

新潟の場合(昼頃行うので温度は日の最高気温)
8月:平均気圧1004.6、日の平均最高気温31.1度
12月:平均気圧1018.8、日の平均最高気温10.0度
と気象庁のデータがあったので、
これをもとに計算すると

8月の空気密度 :1.149539715
12月の空気密度:1.252143134

ここで空気抵抗の計算に戻るわけだが、
速度が同じ場合、値が異なるのは空気
密度のみとなるので、差異を見るには
上記で出した空気密度を比べればよいわけで
1.252143134÷1.149539715=1.089256089≒1.09
と、差は約9%。

12月に8月と同じタイムを出すには9%も
速く走る力が必要なわけだ。

これをもとに現在のタイムを計算してみると、
悪くない、むしろ伸びている。

これで安心して練習できる。
心の安定もとりもどせるとは、
やはり科学は偉大だ。

※編集部「よろず」ノートは弊社の社員が日によって代わる代わる
書かせていただいております。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • このメールマガジンについて
  • 記事は各新聞社又は情報リンク先の承諾を得て配信しています。
  • またその他についても著作権法に則って配信しています。
  • ※掲載されている文章等,全内容について無断掲載・転載を禁じます。
  • ※記事自体に関するご質問はお答えしかねますのでご理解ください。
  • -----------------------------------------------------------------------
  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

eメールニュースレター登録



先頭にこのページの先頭に