トップ, 本文へジャンプ

メールマガジン 2013年バックナンバー

広告

-----------------------------------------------------------------
◆ 3Bサイエンティフィック 月刊メールマガジン 2013/10/25 ◆
http://www.3bs.jp/ vol.100
-----------------------------------------------------------------

今月号の内容:

┌目次───────────────────────────────┐
 1. 新製品のご案内
~新生児蘇生マネキン、獣医学関連DVD~ 
 2. 特集:虐待のグレーゾーン
 3. 先生のコラム 「時間の物差し」~待ち時間 ~
     帝京平成大学教授 竹内京子先生
4. 月刊学会情報
 5. 編集後記
└─────────────────────────────────┘

 

-----------------------------------------------------------------
1. 新製品のご案内
  ~新生児蘇生マネキン、獣医学関連DVD~
-----------------------------------------------------------------

 

医療シミュレーター > 気管挿管・二次救命

■新生児蘇生ベーシックトレーニングマネキン

 実際に則した新生児蘇生のトレーニングを目的として、解剖学的に
 精巧に仕上げたマネキンです。

 ・経口気管挿管、吸引のトレーニングができます。
 ・上腕部で拍動を再現できます。
 ・臍帯の切断、結紮、カテーテル、採血ができます。

 価格: 242,550円
 http://www.3bs.jp/simulator/als/w44717.htm?mmail&m

 

DVD > 獣医学

■小動物の肝臓疾患
 ~肝臓疾患と門脈体循環シャントの知識と治療法~

 cpd solutionsスペシャリスト・シリーズ 第14弾

 ケンブリッジ大学のベックスフィールド氏は,イヌとネコの
 肝臓疾患の原因,種による差異,診断法を、肝性脳症や,
 肝酵素の詳しい情報と合わせて解説。

 コロラド州立大学のモネ氏は,イヌとネコに於ける門脈
 体循環シャントなどについて解説しています。

 価格: 10,500円
 http://www.3bs.jp/soft/animalvideo/w63711.htm?mmail&m

 

DVD > 獣医学

■腫瘍学
 ~臨床現場に於ける腫瘍学の実用的ヒント~

 cpd solutionsスペシャリスト・シリーズ 第15弾

 3人の専門家が腫瘍学の実際的な面すなわち,化学療法の
 原則,病院での安全な使用のガイドライン,細針吸引生検
 の解釈,悪性腫瘍治療に於ける手術の役割などについて
 分かりやすく説明。豊富な映像資料を用いた解説で,臨床
 現場に於ける実用的なヒントを提供します。

 価格: 18,900円(DVD2枚set 分売不可)
 http://www.3bs.jp/soft/animalvideo/w63712.htm?mmail&m

 

DVD > 獣医学

■糖尿病
 ~糖尿病の基礎理解とその治療、および合併症の対処法~

 cpd solutionsスペシャリスト・シリーズ 第16弾

 糖尿病の病態生理学,治療方法,診断検査,モニタリングの
 仕方などを解説。豊富な映像資料,グラフ,データを用いた,
 獣医師と動物看護士向けのビデオプログラムとなっております。

 価格: 全2枚set 21,000円、各巻分売 10,500円
 http://www.3bs.jp/soft/animalvideo/w63713.htm?mmail&m

 

■皮膚の切開法と縫合法

 切開法から段階を追って構成し,技術一つひとつの特徴や
 ポイント,使用する状況などを丁寧に解説。

 糸結びでは複雑な動作もありますので,スロー映像で
 リプレイし,正しく理解できるように工夫しています。
 また,「チャイニーズ・フィンガー・トラップ・フリクション」
 も収録。

 価格:10,500円
 http://www.3bs.jp/soft/animalvideo/w63716.htm?mmail&m

 

 お問合せはどうぞこちらへ : メール  mag_3b@3bs.jp
    フリーダイヤル(ユーザー様専用) 0120-300-056

 

-----------------------------------------------------------------
2. 虐待のグレーゾーン
-----------------------------------------------------------------

虐待と一括りで言ってもいっても児童虐待、高齢者虐待、
障害者虐待、動物虐待、DVなど様々ありますが、スペースの
都合上、前回の続きで、望まない妊娠で生まれてきた子が結局
親から愛情を注がれずに虐待を受けやすい傾向があることも
踏まえ、児童虐待の話を取り上げていきたいと思います。

折しも来月(11月)は児童虐待防止推進月間。
全国各地で様々なオレンジリボン運動が展開されます。

オレンジリボン運動公式サイトによれば、虐待での死亡事例は
年間50件を超え、これは約1週間に1人、子どもが命を落と
している計算となります。
そして虐待死全体では0歳児の割合が約半数を占めています。
又、児童相談所における児童虐待相談対応件数は平成2年は
1,100件だったものが、平成24年は6,600件となり、22年間で
約60倍にも膨れ上がりました。

内訳は「身体的虐待」の占める割合が依然多いものの、近年は
「ネグレクト」や「心理的虐待」の占める割合が、大幅に増加
しています。

これは、心理的虐待は身体的虐待に比べ、すぐには見えてこない
ことや、以前はこれ自体が曖昧な位置づけで虐待とは認識されて
いなかったものが、近年になり漸く注目されるようになってきた
ことも増加に転じた一因ですが、例えば暴言や恫喝、無視する
などの行為は、親自身が虐待として認識していないことも多く、
さらに「過干渉」という項目についてはおそらく親自身、99%が
まさかこれが虐待だとは全く思っていないのではないでしょうか。

過干渉は、子ども可愛さに親がついやってしまうことと、
子どもの評価が自分自身(親)の評価につながるために
やってしまうことの二通りがあります。

この二通りの親の気持ちは天と地ほどの差があるのでしょうが、
親の管理下に置かれるという意味では、子どもにとっては全く
同じ結果なのです。

過干渉と多少関係がありますが、最近では「教育虐待」という
言葉もあり、これは心理的虐待の中に含まれるようですが、
例えば教育ママが子どもの意思云々の前に、人並みのことを
させようと、毎日何がしかの習い事、塾通いをさせ、友達と
遊ぶ時間を与えず、そのことで習い事をやめたいと言った子に
対して食事を与えない、無視するなどといった行為も虐待と
されています。勉強を強制するための身体的、心理的虐待や
ネグレクトにあたります。

又、場合により「ネグレクト」も親自身が虐待をしていると
いう自覚がない、もしくは非常に乏しいことが指摘されて
います。

例えば今、子どもの貧困が問題になっていますが、相対的
貧困率を押し上げているのが特に、一人親の家庭です。
子ども数人をかかえ、生活苦で親がたった一人でかけもちで
夜もバイトをしなければならず、結果的に子どもの面倒を見る
ことができなくて健康管理を怠ったり、金銭的にも余裕がなく
病院にも連れて行けないという事例では、親自身が生きるのに
必死で、結果的に子がネグレクト状態になっても気づけない、
又は仕方がない、これ以上できない、というような場合です。

いくら、自分が働かなくてはならないし、子どもも守らねば、
という追いつめられた気持ちがあったにせよ、事情を知らな
ければまわりは、

「あれじゃネグレクトだね」
「親の資格なし」
「そんなんだったら子ども産まなきゃよかったのに」

ただ、無責任にそう「言うだけ」です。
誰も助けてくれるわけではないのです。

さらに始末の悪いことには、匿名性を利用してこういった
後出しジャンケン的な書き込みもネットでよく見かけるよう
になりました。なんか嫌な時代になったものです。

又、子どもに愛情があっても何がきっかけで虐待に急変するか
未知数です。
ですから、望まない妊娠など最初から虐待のリスクが高いと
わかっているものはなんとしても避けるべきです。
男性側も女性に望まない妊娠などさせてはならないのです。
犯罪がからむ場合は、もっと刑罰を重くすべきとも思います。

避妊しなかった結果の、子どもへの虐待行為は筋違いです。

児相は虐待防止に奔走していますが、虐待の増加、再発もあって、
結果的に全体件数を押し上げているので、今の人員ではとても
対処しきれていません。
確かに子どもの一時保護はあくまでその場しのぎの処置であり、
根本的な解決にはなりません。
虐待の背景となっているものは何なのか、これはおそらく多岐に
わたる要因が複雑に絡み合っているようですが、そこからメスを
入れていかなければ、今後も解決できるとは思えません。

話は戻りますが、確かにここまでが躾で、ここから先が虐待だと
はっきりした境界線があるわけではありません。
今の親世代はおそらく学生の頃からTVゲームに触れていた時代
だと思いますが、仮想世界の中での暴力シーンに慣れてしまえば、
例えば鉄パイプで殴りつければ相手にかなりの傷を負わせられる
ことは想像できても、この程度で死ぬわけがないという、根拠の
ない思いにも同時に囚われてしまうのだと思います。

ですから躾の一環として過剰暴力の末、子どもが死亡してしまい、
初めてこれは虐待だったのか、と親自身が愕然とする・・これも
現代特有の構図ではないでしょうか。

今回は虐待による命の危機や大怪我などを想定し、子どもの命を
救うための練習器具や参考モデルをピックアップしてみました。

 

 ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

    外傷、骨折、縫合、救命措置を学べる
      モデルやシミュレーター          

 ◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

 ★外傷シミュレーションキット3(W44521)
  http://www.3bs.jp/simulator/rescue/w44521.htm?mmail&m
  複雑な顎の挫傷など特殊な創傷の他,熱傷,出血などの
外傷を再現しています。
  133,350円‐税込

 ★骨折頭蓋モデル(W99993)
  http://www.3bs.jp/model/skull/w99993.htm?mmail&m
  鼻骨,眼窩,頬骨,下顎など複数の骨折箇所を持つ頭蓋モデルです。
45,885円‐税込

 ★縫合トレーニングレッグ(W44230)
  http://www.3bs.jp/simulator/sutura/w44230.htm?mmail&m
  好きな部位に切開創を作れる,脚部の縫合練習器です。
50,085円‐税込

 ★縫合トレーニングアーム(W44003)
  http://www.3bs.jp/simulator/sutura/w44003.htm?mmail&m
  好きな部位に切開創を作れる,腕部の縫合練習器です。
34,860円‐税込

 ★PALS乳児モデル,ECGシミュレーター付(W44608)
  http://www.3bs.jp/simulator/als/w44608.htm?mmail&m
  二次救命処置法を練習できる乳児(女児)マネキンです。
346,500円‐税込

 ★レサシジュニア,スキルガイド付き(W19518)
  http://www.3bs.jp/simulator/cpr/w19518.htm?mmail&m
  小児の一次救命措置トレーニングモデルで,吹き込んだ空気量や
  胸部圧迫の深さ,速さの評価がスキルガイドでわかります。
  189,000円‐税込

 ★リトルジュニア,白人系仕様(W19550)
  http://www.3bs.jp/simulator/cpr/w19550-w19552.htm?mmail&m
  リーズナブルな小児用CPRトレーニングトルソです。
  20,790円‐税込

 ★リトルファミリーパッケージ(W19636)
  http://www.3bs.jp/simulator/cpr/w19636.htm?mmail&m
  乳児・小児・成人のお得なCPRマネキンセットです。
51,975円‐税込

 ★幼児CPRマネキン(W44544)
  http://www.3bs.jp/simulator/cpr/w44544.htm?mmail&m
  幼児への心肺蘇生法の指導,訓練に適しています。
72,450円‐税込

思い起こせば、私達の世代では子どもの頃、他者に向かって
「死ね」という言葉だけは最後の最後まで言ってはいけない
という躾をされてきたのを覚えています。
ところが今ではネットでの匿名性を利用して、「死ね」という
書き込みも非常に多くなってきたのを感じます。
命がとても軽視されています。

最近は親自身がこの躾をしていない、むしろそう言うことに
共感を覚えている人も多いのではないかとさえ思われます。
「倍返し」「100倍返し」という言葉があれほど支持されて
いるのも、人に対する憎しみ倍増の裏返しなのでしょうか。

このメルマガもお陰様で、今回Vol.100を迎えましたが、
違う意味での100倍になればいいと願っています。

 
 それでは今回はこの辺で。

  ご注文、お問合せはどうぞこちらへ↓↓
メール:info@3bs.jp
  フリーダイヤル(ユーザー様専用):0120-300-056

 

-----------------------------------------------------------------
3.先生のコラム
-----------------------------------------------------------------

  「時間の物差し」 

   ~ 待ち時間 ~ 

       帝京平成大学教授 竹内京子先生

待ち時間というのはヒトにより、状況により過ごし方が千差万別です。
そしてたいてい退屈です。

私の好きな待ち時間は、地方の駅で列車待ちの場合。
ぎりぎり女の私でも、地方都市に出かけるときは、最低1時間は
ゆとりを持って出かけます。
切符を買うなどの特定目的が無い場合は、まずは駅前の案内板
での周辺探索です。

駅の近くには必ず、大きな旅行書には載っていないか、名前ぐらい
しか記載されていない場所があるものです。私の興味を引くのは、
景色よりは歴史なのでたいてい駅から近いところに何かあります。
もちろん歴史+景色がそろえば言うことないですが。ひなびた石の
道標一個でも、その歴史的な謂われを知ると大感激です。そして、
歴史上の人物の名前や人間関係はすぐに覚えるのですが、植物系の
名前は全然頭に残らない・これはやはり関心がない所為でしょうか。

で、結局は、のんびりしすぎて、駅に戻ってくるときは半分小走り。
1時間ゆとりがある時は周辺探索に費やす時間は半分の30分位に
とどめているのですけど、やっぱり一人旅だと最後はぎりぎりです。

今でも覚えている待ち時間は、学生時代北海道を友人と二人で旅を
したときのことです。通常の待ち時間とはちょっと違いまして、
早くその日の宿泊地についてしまうけど、そこは、景色は良いが
それ以外は何もない、どうやって余った時間を散策以外に過ごすか
・・・それが二人のその日の問題でした。

今なら、ぼーっと無為に過ごすのは至上の喜びになると思うのですが、
当時はストレスなんか全くない、ノー天気な女2人旅。旅を楽しもう
という中に、ぼーっと時を過ごすという目的だけはなかったのでした。

どうやってユースホステルで夕飯までの時を過ごすか・・・で、各駅
停車の列車の中では二人とも景色も見ずに、旅行案内書や列車が何時
に着くかを時刻表で確認していたのでした。

屈斜路湖周辺のユースホステルが目的地だったと記憶しているのだけで
殆ど細かな記憶はないのですが、長く駅に止まっていたので、おそらく
単線の鉄道で、擦れ違いで列車を待っていた時ではないかと思います。

2人の会話の中で、次の列車が来るまで2時間あるけど、この町を
1時間ぐらい探索して2時間後の列車に乗ったら、ユースにはちょうど
夕食時に着くんじゃない?ということになって、突然、衝動的に2人
して列車を降りてしまったのでした。
ちょうど昼食食べたあとの時間帯です。

降りてちょっとあわてたのは、無人駅だったこと。
不安になり、本当に次の列車は2時間後にちゃんと来るのか、何度も
何度も駅の時刻表で確認し、駅周辺を探索していたら、看板にアイヌ、
ペカンペがとれるという耳慣れない言葉に惹かれ、
「この辺でなんだかわからないけど、昔アイヌの人たちが大事にして
いたペカンペが取れた場所があるらしい、、、この次の列車が来る
までに2時間ある、その場所まで、駅から歩いて30分、往復1時間、
休憩しても1時間半間に合うね・・」
で、駅の名前も全く覚えていないのですが、二人で地図を頼りに
てくてく歩き、ちゃんと目的地にたどり着き、人気の少ない観光地の
公園の中で、名物のペカンペ(ヒシの実で、アイヌ民族の昔の保存食
だった)を、お土産にしようと湖沼のほとりで拾いまくって戻って
きたのだけを覚えています。
ペカンペがなんなのかも知らずに、図柄と同じ実を見つけて喜んだ
だけだったのですが。

そして、予定通り無人駅の待合室に戻り着きました。
その後20分ほど無言で費やした時間は長かった。
本当に汽車が時間通り来るのか軽い不安感にかられ始めたころ、
ふと気が付くと、いつの間にか待合室に人の会話。
ほっ、でした。そして気が緩んで歩き疲れで眠くなったとたん、
遠くの方から列車のガタゴトという響きを聞いたときはさらにホッ。

ペカンペの実は多極神経細胞体のような形状のイメージを持ったのと
アイヌの人々の文化とからんでいたため長らく覚えておりましたが、
このコラムを書くにあたり、調べ直して、これがヒシの実であり、
ヒシのヒシは菱形の菱と関わりがある言葉であったということは
初めて認識・・・私の植物の知識はこんなものですみません。
でも、菱形筋や菱形骨と体に関わる漢字であることが分かった
途端に親近感が倍増。
今後は決して忘れることはない「ペカンペ=ヒシの実」だと思います。

では、また来月。

 

<ご意見をおきかせ下さい>
▽竹内先生へのご意見・ご感想や、コラムで感じたこと、
 また先生にお聞きしたいことなどもお送りください。

  宛先は mag_3b@3bs.jp まで。 お待ちしてます!

 

-----------------------------------------------------------------
4.月刊学会情報 
-----------------------------------------------------------------

H25/11/1~H25/11/2
日本クリニカルパス学会 第14回日本クリニカルパス学会学術集会
岩手県・マリオス/アイーナ
http://square.umin.ac.jp/jscp14/index.html

H25/11/1~H25/11/3
日本臨床麻酔学会 日本臨床麻酔学会第33回大会
石川県・石川県立音楽堂、ANAクラウンプラザホテル金沢、ホテル日航金沢
http://www.congre.co.jp/jsca2013/

H25/11/2~H25/11/3
日本体外循環技術医学会 第39回日本体外循環技術医学会大会
熊本県・熊本市民会館
http://39thjasect-meeting.kenkyuukai.jp/special/index.asp?id=8196

H25/11/2~H25/11/3
日本関節病学会 第41回日本関節病学会
愛知県・愛知県産業労働センターウインクあいち
http://plaza.umin.ac.jp/jsjd41/

H25/11/2~H25/11/3
日本臨床細胞学会 第52回日本臨床細胞学会秋期大会
大阪府 ・大阪国際会議場
http://www.ec-knt.jp/jscc52aki/

H25/11/7~H25/11/9
日本泌尿器内視鏡学会 第27回日本泌尿器内視鏡学会総会
愛知県・ウェスティンナゴヤキャッスル、名古屋能楽堂
http://www.congre.co.jp/jse2013/

H25/11/7~H25/11/9
日本臨床神経生理学会 第43回日本臨床神経生理学会・学術大会
高知県・高知県立県民文化ホールほか
http://www.prime-pco.com/jscn43/

H25/11/7~H25/11/8
日本形成外科学会 第22回日本形成外科学会基礎学術集会
新潟県・朱鷺メッセ
http://shinsen.biz/jsprs22/

H25/11/8~H25/11/10
日本認知症学会 第32回日本認知症学会学術集会
長野県・キッセイ文化ホール
http://www.c-linkage.co.jp/jsdr32/

H25/11/8~H25/11/9
日本小児整形外科学会 第24回日本小児整形外科学会学術集会
神奈川県・パシフィコ横浜会議センター
http://jpoa2013.umin.jp/

H25/11/8~H25/11/9
日本蘇生学会 日本蘇生学会第32回大会
東京都・株式会社内田洋行 ユビキタス協創広場 CANVAS東京
http://sosei32.umin.jp/

H25/11/9~H25/11/10
西日本整形・災害外科学会 第126回西日本整形・災害外科学会学術集会
山口県・ANAクラウンプラザホテル宇部
http://www.congre.co.jp/wjsot126/

H25/11/10~H25/11/12
日本ウイルス学会 第61回日本ウイルス学会学術集会
兵庫県・神戸国際会議場
http://www2.convention.co.jp/virus61/

H25/11/11~H25/11/14
アジア太平洋呼吸器学会 The 18th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology
神奈川県・パシフィコ横浜
http://www.apsr2013.jp/

H25/11/13~H25/11/15
日本めまい平衡医学会 第72回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会
大阪府・大阪国際交流センター
http://www.congre.co.jp/memai72/

H25/11/15~H25/11/16
日本生殖医学会 第58回日本生殖医学会学術講演会・総会
兵庫県・神戸国際会議場・神戸ポートピアホテル
http://www.k-svr.net/jsrm58/

H25/11/15~H25/11/16
日本頭痛学会 第41回日本頭痛学会総会
岩手県・いわて県民情報交流センターアイーナ
http://jhs41.umin.jp/

H25/11/16~H25/11/17
日本視能訓練士協会 第54回日本視能矯正学会
福岡県・福岡国際会議場
http://www.congre.co.jp/jaco2013/

H25/11/16~H25/11/17
日本性感染症学会 日本性感染症学会第26回学術大会
岐阜県・長良川国際会議場
http://www.congre.co.jp/jssti26/

H25/11/16~H25/11/17
日本学校保健学会 第60回日本学校保健学会
東京都・聖心女子大学
https://v3.apollon.nta.co.jp/jash60/

H25/11/20~H25/11/22
日本エイズ学会 第27回日本エイズ学会学術集会・総会
熊本県・市民会館崇城大学ホール/熊本市民会館
http://secretariat.ne.jp/aids27/

H25/11/20~H25/11/23
日本人類遺伝学会 日本人類遺伝学会第58回大会
宮城県・江陽グランドホテル
http://www.congre.co.jp/jshg58/

H25/11/21~H25/11/23
日本神経治療学会 第31回日本神経治療学会総会
東京都・東京ドームホテル
http://jsnt31.umin.jp/

H25/11/21~H25/11/22
社団法人日本病理学会 第59回日本病理学会秋期特別総会
山梨県・甲府富士屋ホテル
http://www.gakkai.co.jp/jsp59/

H25/11/21~H25/11/22
日本肺癌学会 第54回日本肺癌学会総会
東京都・ホテルニューオータニ(東京)
http://www2.convention.co.jp/54jlcs/

H25/11/21~H25/11/23
日本臨床外科学会 第75回日本臨床外科学会総会
愛知県・名古屋国際会議場
http://www2.convention.co.jp/75jsa/

H25/11/23~H25/11/24
医療の質・安全学会 第8回医療の質・安全学会学術集会
東京都・東京ビッグサイトTFTホール
http://procomu.jp/qsh2013/

H25/11/28~H25/11/30
日本アレルギー学会 第63回日本アレルギー学会秋季学術大会
東京都・ホテルニューオータニ
http://www2.convention.co.jp/63jsa/

H25/11/28~H25/11/30
日本内視鏡外科学会 第26回日本内視鏡外科学会総会
福岡県・福岡国際会議場
http://www.c-linkage.co.jp/jses26/

H25/11/29~H25/12/1
日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会 第43回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会
石川県・ホテル日航金沢
http://www.cs-oto.com/jsdacd43/

H25/11/29~H25/11/30
日本股関節学会 第40回日本股関節学会学術集会
広島県・広島国際会議場・広島市文化交流会館
http://www2.convention.co.jp/40hip/

H25/11/29~H25/11/30
日本高次脳機能障害学会 第37回日本高次脳機能障害学会学術総会
島根県・島根県民会館
http://www.med-gakkai.org/jshbd37/

H25/11/30~H25/12/2
日本未熟児新生児学会 第58回日本未熟児新生児学会・学術集会
石川県・石川県立音楽堂、ANAクラウンプラザホテル金沢ほか
http://jspn58.umin.jp/

 

-----------------------------------------------------------------
5.今月の編集後記 by 品
-----------------------------------------------------------------

「この商品はキャンペーンの対象ですか?」
「え~と、おそらくそうだと思います」

「この商品に○○は付いてますか?」
「たぶん付いてないと思います」

こんな受け答えをする店員さんは意外と
少なくありません。すっきりしません。

「いや、思う、じゃなくて、不確かなら
ちゃんと確認してくれればいいじゃないか」
と思いますが、こちらもそこまで口に出す
のはいやです。逆に確認が難しいことなら
「すみません、当店(当社)ではわかりません」
の方がよほどいいです。

基本的なことですが、当社も気をつけなければ、
とその都度思います。


それでは今月はこの辺で。

来月号をどうぞお楽しみに!


  • =============================================================
  • 【発行元】日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
  • 〒950-1135 新潟市江南区曽野木2丁目5番18号
  • TEL 025 (282) 3228
  • FAX 025 (282) 3229
  • ユーザー様専用フリーダイヤル 0120-300-056
  • =============================================================

メールマガジン登録



先頭にこのページの先頭に