トップ, メニューへジャンプ, 本文へジャンプ

筋緊張異常の評価とアプローチ

脳血管障害片麻痺患者の筋緊張検査を中心に


筋緊張異常の評価とアプローチ:画像

買物かごに入れる

公費でのご注文について

品番
W63761
価格
17,280円‐税込
送料
無料
送料規定の詳細
こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません
お届けに1週間程度かかります
DVD2枚セット(分売不可)

筋緊張異常を認める疾患は数多くあり,代表的なものとしては脳血管障害片麻痺やパーキンソン病のような神経疾患です。しかし,運動器疾患の患者さんにも筋緊張異常が認められます。筋肉の障害は通常,筋力検査であるMMTを使った検査を用いますが,MMTだけでは筋の機能異常を表現できない場合もあります。

このDVDでは,筋緊張異常について考え,そして筋緊張検査の方法と各筋に対するアプローチの方法について,研究データを交えながら詳しく解説しています。今回は,脳血管障害片麻痺患者の筋緊張異常の検査とそのアプローチを主として取り上げていますが,他の疾患にも応用できますので,ここで紹介する内容を是非参考にしてください。

筋緊張異常と筋緊張検査の方法(56分)

筋緊張異常に対する考え方と筋緊張検査の目的,そして弛緩や痙縮などの一次的障害,筋短縮や皮膚短縮などの二次的障害に対する各種検査方法を紹介します。

体幹筋の筋緊張検査とアプローチ(55分)

体幹筋の筋活動について筋電図測定の結果を交えながら解説し,坐位・立位での筋緊張検査と各筋に対するアプローチを紹介します。

この商品を見た人は,こんな商品も見ています

DVD・ビデオ(左メニュー)

左メニュー終り
科目別おすすめ製品
先頭にこのページの先頭に