月刊メールマガジン2005年10月号

2005年10月25日 (火曜日)

2005

—————————————————————–
◆ 3Bサイエンティフィック 月刊メールマガジン 2005/10/25 ◆
/top_m.htm vol.5
—————————————————————–
早いもので,もう11月まであと少しですね。

新潟は厳しい冬が待っています。 昨年は雪のけで朝は大忙し・・・

今年はどうなのでしょうか。
新潟といっても弊社のある新潟市では新潟県外のみなさんが想像するような

大雪はまず降りません。 「2階から出入りしているんですか?」

などと聞かれることもありますが・・・大丈夫です,そこまでは降りません。

┌目次───────────────────────────────┐

※読者限定ページ 人体解剖学ビデオ/DVD 限定ページ

1.キャンペーンのご案内 先着14名様限り!

2.新商品情報
3.人気商品ランキング
4.「My人体模型記」 読者の声 ~私はこんな使い方してます!~

5.「医院・診療所必見!労務のツボ」  ~社会保険労務士 小野本美奈子先生

6.先生のコラム 「 レオナルド・ダ・ヴィンチのあれこれ 」

~連載エッセイ 第4回 新潟大学名誉教授,解剖学者 藤田恒夫先生
7.月刊学会情報
8.編集後記
└─────────────────────────────────┘

—————————————————————–
※読者限定ページ 解剖学DVD
—————————————————————–
メールマガジン読者,又は登録済みのお客様限定のページをご用意しました。
通常のようにトップページや検索エンジンからアクセスすることは出来ませんので
ご注意ください。

●限定ページ 「人体解剖学ビデオ/DVD」

/video/anatomyvideo/index.htm
本物の人体を使用した機能解剖マニュアルのDVD版とVHS版です。

サンプル動画もご用意しております。

—————————————————————–
1. キャンペーン
~今なら脊柱モデルにもれなく専用スタンドが無料で付いてくる!!~
【 先着14名様限り! 】
—————————————————————–
今,脊柱モデルA5シリーズのいずれかをホームページからご注文すると,
専用スタンドが無料で付いてきます。先着14名様までとなりますので,
お早目にお申し込み下さい。
脊柱専用スタンド /model/spine/a59_9.htm
脊柱モデル /m/spine.htm
▼ 必ずお読み下さい ▼

本キャンペーンについてのご注意
※ 無料スタンドは通常販売されているA59/8型とは異なり,床起き専用

です。壁掛けには対応しておりません。
※ プレゼントするスタンドにはシルバー/ブラックの2色がありますが,

どちらの色になるかは当社にて割り振らせて頂きます。お客様でお選び

頂く事はできません。また,商品お届け後の返品,また別の色への交換

はできません。
※ 14本のスタンド在庫がなくなり次第,キャンペーン終了となります。

在庫完売の翌営業日までにはホームページ上でキャンペーン終了の

お知らせを致しますが,在庫完売からキャンペーン終了の告知まで

ある程度のタイムラグが発生します。万一その間にご注文を送信され

た場合には,無料スタンドを差し上げることができませんので,

あらかじめご了承下さい。キャンペーン終了告知前に関わらず,

無料スタンドをお送りできないお客様には,ご注文処理前に必ず

ご一報致しますので,キャンセルをご希望の場合はその際にお申し出下さい。

—————————————————————–
2.新製品情報
—————————————————————–
■ DVD: バイオミネティック(生物由来)材料を使った組織再生療法
今最も注目を浴びている生物由来材料を使った組織再生療法について,2004年
の第90回アメリカ歯周病学会で行なったセッションをまとめたものです。
Dr. RosenとDr. Nevinsの2人の専門家が臨床経験にもとづいたそれぞれの
見解を発表しています。EMD(エムドゲイン)とPDGF(血小板由来成長因子)
に関する最新情報を満載。
▼ バイオミネティック(生物由来)材料を

使った組織再生療法 2枚セット

[製品番号W39308 価格21,000円]
▼ ポール・S・ローゼン

[製品番号W39309 価格10,500円]
▼ マーク・L・ネビンズ

[製品番号W39310 価格10,500円]
サンプル画像の試聴,ご注文はこちらから

/soft/dentalvideo/w39308.htm

—————————————————————–
3.今月の人気商品ランキング ~この機会にそろえておきたい人気商品!
—————————————————————–

1位 標準型骨格模型(等身大) ~スタン~ 品番 A10    税込み¥59,850円

・ドイツの高品質骨格模型が5万円台で買える。

・圧倒的人気No.1商品

————————————————————

商品詳細 /m/a10.htm

2位 脊柱可動型モデル,大腿骨付 品番 A58/2       税込み¥19,530円

・脊柱模型,大腿骨付の高品質模型を1万円台で提供

・可動性があり,形を保持することができるため患者説明用に人気です。

————————————————————

商品詳細 /m/a58_2.htm

3位  医学チャート「筋肉系」A3 品番 VR7118A  税込み¥735円

・医学チャートの人気商品です。

————————————————————

商品詳細 /m/vr7118a.htm
関連商品 ●医学チャート「骨格」A3

/m/vr7113a.htm
●医学チャート/ポスター一覧

/m/chart.htm

4位 頭蓋骨模型 標準モデル  品番 A20         税込み¥13,965円

・人気の秘密は品質とその価格にあり。 1万4千円以下で買える頭蓋骨模型

————————————————————

商品詳細 /m/a20.htm

5位 足の骨モデル,脛骨・腓骨付き 品番 A31/1R      税込み¥11,655円

・伸縮性コードで接続した観察に最適な足の模型 / 靴のフィッティングの説明にも

————————————————————

商品詳細 /m/a31_1r.htm

▽今月特に売れたおもしろ商品
大腿骨のペンスタンド 品番 A90             税込み¥1,470円

・他ホームページなどで取り上げられ,現在大ブレーク中!

————————————————————–
商品詳細 /m/a90.htm

—————————————————————–
4.「My人体模型記」 ~私はこんな使い方してます!~
—————————————————————–
利用の製品: C18 脳,5分解モデル /m/c18.htm
使用場所: 教室
職業: 大学助教授
利用例:
「基礎心理学の講義において,記憶の説明に用いています。
構造上,海馬の位置を示す脳のモデルは少ないが,C18のシリーズでは可能です。
海馬損傷の話だけでなく,PTSDなどのストレス障害を説明する際に必要になってきます。
立体的に場所を示すことで,図示した場合よりも学生はよく覚えることができるようです。
話に興味を持たせる為にも,部分的なイメージを提示するだけでなく,
どの場所にあり,どの程度のサイズなのかを示すことが重要と思います。」

▽C18 脳,5分解モデル

/m/c18.htm

●ご応募ありがとうございました。
弊社の人体模型が学校など教育現場で活躍しているのは
うれしい限りです。 ご応募ありがとうございました。

▽他,頭部,脳,神経模型のページ

/m/brain.htm

●「My人体模型記」に掲載させていただいた方には弊社よりプレゼント
をご用意しておりますのでどしどしご応募ください!
「My人体模型記」募集要項とプレゼントはこちらからお願いします

→ /mreport.htm

—————————————————————–
5.「医院・診療所必見!労務のツボ」
—————————————————————–

突然の電話で,「休みたい,有給休暇にしてくれ」といわれたら?

社会保険労務士 小野本美奈子

■労務の達人からの ポイントアドバイス
突然休まれたのでは困ります。
有給休暇を請求する時期,請求のしかたについてルールを決めておきましょう。
急な病気,子どもや親の看護での休みには,ケースバイケースで対応しましょう。

■有給休暇って何だったでしょう。(前回の復習)
有給休暇は働く人の大切な権利。
時給や日給の人にもある権利。
1日の勤務時間が短くてもある権利。
1週間にたった1日しか出勤となっていない人にもある権利。
――――――そういうものでした

■事業主は時季を変えてもらえる!
事業主には,「その日に休まれると困る,別の日にしてくれないか」という権利が
あります。有給休暇を与えない!ということはできませんが,時季を変えてもらえる
権利はあるのです。

■有給休暇の届出はいつまでに出してもらうのがよいか
「2週間前までには届出を出してもらわないと・・・」事業主としてはそのくらい
前には申し出てほしいところでしょう。
残念ながら2週間も前の届出を強いるのは問題がとされます。

⇒残念ながら2週間も前の届出を強いるのは問題とされます。
理由は,年休を取りにくくなるからということです。

⇒理由は,年休を取りにくくなるからです。
前々日までに請求するように定めた規定は有効という裁判例はあります。
急に有給休暇をとりたいと言われてすべてOKとしなくてはならないのなら,
事業主の時季変更権は何なのだといいたくなります。
兼ね合いはむずかしい・・・ではどうするか。

■有給休暇を取得するルール
「有給休暇を取得するときは,原則として1週間前までに,少なくとも前々日までに
所定の書式により届け出なければならない。」
こういった内容を就業規則に盛り込みましょう。

■カゼで休みたいと朝電話して欠勤した従業員は無給?有給?
有給休暇は働く人の権利とはいえ,とりにくいのが実情。取れていないのが現実です。
消化率は3割程度です。
有給を使わず,一生懸命働いている人が風邪を引いて休んだとき,前々日までに有給の
申し出がなかったからといって無給とするのはどうでしょう。
このようなケースは病気の欠勤を有給としてとりあつかうのがよいと思います。

■病気欠勤を有給とするルール
次のような表現になるでしょう。
「突発的な傷病その他やむをえない事由により欠勤した場合で,
あらかじめ届け出ることが困難であったと認められる場合には,
事後の速やかな届出により当該欠勤を年次有給休暇に振り替えることができる」

■半日有給をください,といわれたら?
ちょっと用事で休みたいけれど,2-3時間ですむ,1日の有給休暇でなくとも・・・
よくあることです。よーくわかります。
年次有給休暇の単位は基本的には暦日,1日です。
働く人が自分から半日の有給を希望して,事業主がこれに同意すること,そして本来の
1日単位の有給休暇の取得が難しくならないなら,かまわないでしょう,といわれています。

■半日有給休暇を認めるときのルール
半日で有給を認めてほしい,認めたいというときは次のようにしましょう。
「年次有給休暇は本人の申請により半日単位で付与できるものとする。
半日単位とは所定始業時刻から所定休憩時間の開始時刻までの時間帯,
または所定休憩時間の終業時刻から所定終業時刻までの時間帯とする。
一休暇年度中に付与できる半日有給休暇は5日分(計10回)を上限とする。」
漢字が多くて読みにくくてスミマセン。
規定ってどうしてもこんな表現になってしまうんですよね。

■ 有給休暇は何のため?
有給休暇は心身の疲労をとり,また元気に働き続けられるようにすることが目的。

⇒有給休暇は心とからだを休め,また元気に働き続けられるようにすることが目的。
翌日が休みだと思うと仕事の能率を上げてがんばる,という経験は
誰にもおぼえがあるものでしょう。
有給休暇取得のルールをきちんと作って,イキイキした職場にしたいものですね。
有給休暇のルールは就業規則に盛り込むべき大事なこと。
きちんとした就業規則はイキイキ職場になくてはならないものです。

▼小野本事務所は事業所の実情に応じたルールづくりをいたします。

労務の達人が貴医院にピッタリの就業規則作成をお手伝いします。

~編集部より~
▽先生へのお仕事のご依頼やご相談を受け付けております。
まずは [ 3b_monthly@3bs.jp ] までメールいただくか
弊社までお電話にてお問合せください:
日本スリービー・サイエンティフィック株式会社
小野本先生へのお仕事依頼
電話:025-282-3228
メール:3b_monthly@3bs.jp

▽先生へのご意見・ご感想などは 3b_monthly@3bs.jp までお待ちしております。
日頃感じている疑問など,労務に関するご質問などもお送りください。

—————————————————————–
6.先生のコラム
—————————————————————–

「 レオナルド・ダ・ヴィンチのあれこれ 」

~連載エッセイ  第4回「ダ・ヴィンチしませんか」

新潟大学名誉教授,解剖学者 藤田恒夫

レオナルド・ダ・ヴィンチは,人体を少しでも真実に迫るかたちに描くために,死体の
皮を剥ぎメスをふるって解剖をおこないました。一番大事な目標にしたのは,人体の
かたちを決定する骨と筋肉でした。

ダ・ヴィンチの手稿には,骨の高まりや突起が,そこに筋肉がこのように付いて
こう動かすのだと,いかにもダイナミックに力学的に描かれています。筋肉もひとつの
名前で指される塊としてでなく,それを構成する名もない筋線維の束に分解して,
それぞれが骨の別々のところについていることを描き,だから力学的に一番効果的に
体を動かせるのだと,見る者を説得させます。と言うより,世界の誰も気づかなかった
体の造りの合目的性を見出して,「なるほど,人体は すみずみまで うまく出来ている
ものだ」と叫んでいるダ・ヴィンチの感動が,これらの絵に表れています。

ここで話はぐっとレベルダウンしますが,私は3年前に「Let’s ダ・ヴィンチ」という本
を出しました。(外科医であり一水会の常任委員である若林利重氏と共著,六耀社)
私は学生時代から,ヌードモデルを使ってデッサンやクロッキーを描くことを続けてき
ました。医学部を出て解剖学者になってからは,おこがましくも,と言うか無謀にも
「俺はダ・ヴィンチになる!」と心に叫んで精進しているのです。 – 絵と解剖学の両方に。

そこで,この本の題,Let’s ダ・ヴィンチは「ダ・ヴィンチしましょ」とか
「あなたもダ・ヴィンチしませんか」と言うような意味です。
有名なダ・ヴィンチですが,この名前を動詞に使ったのは,私たちが初めてかもしれません。

つまり人体を描くなら,ダ・ヴィンチのひそみにならって,体の中にかくれている骨や
筋肉がどうなっているのか,ちょっと勉強しながら描くと絵が本当らしくなるし,知的
好奇心も満たされるというねらいです。裸婦のたくさんのポーズを写真で示しながら,
解剖学的なコメントをつけ,巻末にはダ・ヴィンチの描いた肩から腕にかけての見事な
デッサンも載せました。これは鬼神も驚くような傑作です。

「俺はダ・ヴィンチになる」なんて,とんでもない冗談です。
しかし裸婦を描きながら,そしてその絵がとても下手であっても,同じ人体を500年前
ダ・ヴィンチが眺め,解剖の所見と比べながら描いていた,と思うだけで,心が楽しく
なります。天才や凡人がつないできた人間の知的な営みに,自分も参加しているのだ,
と思うと心が豊かになります。私たちにとって,ダ・ヴィンチとは,そんなありがたい
存在なのではないかと思います。

—————————————————————–
7.月刊学会情報
—————————————————————–
H17/11/ 4~H17/11/5
日本蘇生学会 日本蘇生学会第24回大会
兵庫県・宝塚ホテル
http://sosei24.umin.jp/
H17/11/5~H17/11/6
日本臨床スポーツ医学会 第16回日本臨床スポーツ医学会学術集会
東京都・高輪プリンスホテル
http://www.rinspo16.umin.jp/
H17/11/5~H17/11/6
本アロマセラピー学会 第8回日本アロマセラピー学会学術総会
大阪府・大阪国際交流センター
http://homepage3.nifty.com/aroma-gakkai/sokai2005/index.html
H17/11/5~H17/11/6
西日本整形・災害外科学会 第110回西日本整形・災害外科学会
山口県・宇部全日空ホテル
http://www.ics-inc.co.jp/wjsot110/
H17/11/9~H17/11/11
日本臨床外科学会 第67回日本臨床外科学会総会
東京都・新高輪プリンスホテル
http://accessbrain.co.jp/ringe2005/
H17/11/9~H17/11/11
日本脳神経血管内治療学会 第21回日本脳神経血管内治療学会
和歌山県・和歌山県民文化会館
http://www.congre.co.jp/jsnet2005/
H17/11/9~H17/11/11
日本Endourology・ESWL学会 第19回日本Endourology・ESWL学会総会
東京都・京王プラザホテル
http://www.congre.co.jp/jsee2005/
H17/11/9~H17/11/11
日本児童青年精神医学会 第46回日本児童青年精神医学会総会
兵庫県・神戸国際会議場
http://www.pac.ne.jp/jscap46/
H17/11/10~H17/11/11
日本頭蓋顎顔面外科学会 第23回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会
徳島県・徳島クレメントホテル
http://www.jscmfs.org/
H17/11/11~H17/11/12
日本神経眼科学会 第43回日本神経眼科学会総会
大分県・別府コンベンションビューロー
http://www.med.oita-u.ac.jp/jnos2005/
H17/11/11~H17/11/12
日本総合病院精神医学会 第18回日本総合病院精神医学会総会
島根県・松江テルサ
http://jsghp18.umin.jp/
H17/11/12~H17/11/13
日本死の臨床研究会 第29回日本死の臨床研究会年次大会
山口県・山口市民会館
http://www.c-able.ne.jp/~suenaga/
H17/11/12~H17/11/13
日本更年期医学会 第20回日本更年期医学会学術集会
埼玉県・大宮ソニックシティ
http://www.macc.jp/20jms/
H17/11/17~H17/11/18
日本不妊学会 第50回日本不妊学会総会・学術講演会
熊本県・ニュースカイホテル
http://funin50.umin.jp/
H17/11/17~H17/11/19
日本臨床麻酔学会 日本臨床麻酔学会第25回大会
大阪府・ザ・リッツ・カールトン大阪
http://jsca25.com/
H17/11/17~H17/11/20
日本臨床化学会
第45回日本臨床化学会年会・第52回日本臨床検査医学会総会連合大会
福岡県・福岡国際会議場
http://www2.convention.co.jp/2005cclm/
H17/11/18~H17/11/19
日本心血管内分泌代謝学会 第9回日本心血管内分泌代謝学会総会
東京都・東京コンファレンスセンター品川
http://cvem2005.umin.jp/
H17/11/18~H17/11/19
日本看護科学学会 第25回日本看護科学学会学術集会
青森県・青森市文化会館/ホテル青森
http://www.auhw.ac.jp/html/topics/kango/index.html
H17/11/18~H17/11/19
日本小児整形外科学会 第16回日本小児整形外科学会
宮城県・盛岡市民文化ホール
http://jpoa2005.umin.ne.jp/
H17/11/19~H17/11/20
日本小児アレルギー学会 第42回日本小児アレルギー学会
福井県・福井フェニックスプラザ
http://square.umin.ac.jp/jspaci42/
H17/11/.20~H17/11/22
日本ウイルス学会 第53回日本ウイルス学会学術集会
神奈川県・パシフィコ横浜
http://virus53.umin.jp/
H17/11/23~H17/11/25
日本めまい平衡医学会 第64回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会
東京都・京王プラザホテル(東京・新宿)
http://gakkai.co.jp/64memai/
H17/11/23~H17/11/25
日本血栓止血学会 第28回日本血栓止血学会学術集会
福岡県・福岡国際会議場
http://www.congre.co.jp/28jsth/
H17/11/24~H17/11/26
日本放射線腫瘍学会 日本放射線腫瘍学会第18回学術大会
埼玉県・川越プリンスホテル
http://www.saitama-med.ac.jp/18jastro/
H17/11/25~H17/11/26
日本肺癌学会 第46回日本肺癌学会総会
千葉県・幕張メッセ国際会議場
http://www.jlcs2005.com/
H17/11/25~H17/11/26
日本脳循環代謝学会 第17回日本脳循環代謝学会総会
愛知県・名古屋国際会議場
http://www.medical-serve.com/noujun17/
H17/11/25~H17/11/26
日本高次脳機能障害学会(旧 日本失語症学会)
第29回日本高次脳機能障害学会(旧 日本失語症学会)総会
岡山県・川崎医療福祉大学
http://apollon.nta.co.jp/jshbd-2005/
H17/11/26~H17/11/27
日本視能訓練士協会 第46回日本視能矯正学会
大阪府・グランキューブ大阪(大阪国際会議場)
http://46ort.jtbcom.co.jp/
H17/11/30~H17/12/2
日本臨床神経生理学会 第35回日本臨床神経生理学会学術大会
福岡県・福岡国際会議場
http://www.ics-inc.co.jp/jscn35/
H17/11/30~H17/12/2
日本人工臓器学会 第43回日本人工臓器学会大会
東京都・日本都市センター会館
http://www.congre.co.jp/jsao2005/

—————————————————————–
8.今月の編集後記 by R.M.
—————————————————————–
新潟地方の新聞で,東京,新潟,長岡,上越の書店で
売れている本のランキングを紹介するコーナーがあります。
そこに,先日発売されたチャールズ・ジェンキンス氏の「告白」が載っていました。
北朝鮮による拉致被害者,曽我ひとみさんの夫のジェンキンス氏が
北朝鮮での生活を明かした自伝です。
東京では上位10位までに入っていませんでしたが,
新潟と上越では1位,長岡では2位でした。
北朝鮮の拉致問題は,地元ではかなり関心が高いようです。
新潟市で北朝鮮に拉致された横田めぐみさんが行方不明になった当時,
私は小学校6年生でした。
2つ上の姉と私のちょうど間の中学一年生だっためぐみさん。
その頃一番仲が良かった友達がめぐみさんの通う中学校区に住んでいて,
毎日のように遊びに行っていました。
もしかして,その頃私も工作員を見かけていたのかも,と思うと
めぐみさんの拉致も人事ではない気持ちでいっぱいです。
めぐみさんが行方不明になってしばらくすると,
「北朝鮮」「拉致」といったことばを耳にするようになりました。
子どもながら,何か恐ろしい響きのする二言でした。
当時から拉致ではないかと言われながら,20年以上経った今でも
あまり進展していない現在の状況に憤りを感じます。
北朝鮮による拉致被害者5人が日本に帰国してもう丸3年になります。
帰国時,飛行機から5人が降りてくる映像は,今でも目に焼き付いています。
そして,曽我さん一家やその他の拉致された家族がそろって日本に戻って
来れたことは,本当に大きな一歩だと思います。
ジェンキンスさんの出版した手記「告白」をまだ読んでいませんが,
一人でも多くの人がこの拉致問題に関心を持って,
少しでも解決に近づけることができればいいな,と心から願っています。

それでは今月はこの辺で。
来月号をどうぞお楽しみに!