SWウィルバーフォース振り子セット

SWウィルバーフォース振り子セット

¥29,150(税込)

カートで使えるお支払方法

  • クレジットカード
  • 代金引換
  • Amazon Pay
お支払方法の詳細
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番U61021

省スペースな卓上実験でウィルバーフォース振り子やねじり振り子を組み立てるセットです。この実験ではバネ方向の振動と回転体(おもり)の回転運動を測定します。

回転体(おもり)は左右のネジで慣性モーメントの調整が可能です。ウィルバーフォース振り子の実験での回転運動とバネ方向の振動のエネルギー移動や共鳴する振動数をオシロスコープで測定します。

別売のSWセンサーセットに接続するための部品も付属し,オシロスコープで振動の記録と解析が行えます。

セット内容

  • バネ:5N/m×1
  • 回転体×1
  • 垂直プレート×1
  • フック付き本体×1
  • 力学センサーに取り付けるバネセット×1

*写真は実験例であり,上記セット内容以外は本製品には付属しません。

この製品を使用するには以下の器具が必要です。

  • SWスタンド装置セット(U61022)
  • SWセンサーセット(U61023-115)
  • オシロスコープ

ウィルバーフォース振り子とは

ウィルバーフォース振り子(Wilberforce pendulum)とは,イギリスのキャベンディッシュ研究所でR.L.Wilberforceにより1894年に発見された振動運動です。バネにつるしたおもりの,バネ振動,振り子運動とおもりのひねり運動の3つの振動が重なり合った運動です。力学的エネルギーが3つの振動の間を移る事で,止まっていたバネ振動が突然始まったりと,興味深い現象です。理論的解析は,Arnold Sommerfeldにより与えられました。
本実験ではバネ方向の振動と回転体(おもり)の回転運動を測定します。

製品マニュアルの記載言語:英語

この製品の安心購入ポイント!

  • 10日以内は返品自由!商品の引き取り時も弊社が送料を負担します
    • この製品を実際お手にとってお気に召さなかった場合,お届けから10日以内は理由を問わずに返品をお受けし,いただいた代金は全額お戻しいたします。
    • 返品のご連絡をいただいた時点で商品の引き取り便の手配をいたしますので,返送時にお客様の送料の負担はございません。
    • 使用により,磨耗・消耗した製品の返品はお受けできません。
  • 在庫があれば最短で翌日にお届け(例外地域有り)

    当社が管理業務を委託している倉庫から直接出荷されますので迅速なお届けが可能です。

    在庫がある製品を,営業日の午前中にご注文いただければ,当日出荷し,東北(青森を除く)・関東・信越・北陸・関西なら翌日お手元に届きます(一部例外有り)。(注1,2,3,4)

    • 注1:翌日配達は在庫がある場合に限ります。
    • 注2:在庫状況はホームページ上には表示されません。お電話などでご確認ください。
    • 注3:お届け地域によっては配達日数は変動いたします(例:関西・関東でも翌日にお届けできない地域があります)ので事前にご確認ください。
    • 注4:ホームページからのご注文では3日目以降しか指定できません。最短のお届けをご希望の場合はお電話にてご注文ください。