レサシジュニア QCPR

¥216,700(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W19518
寸法75x27x45cm
重量12kg

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

ガイドライン2015対応ガイドライン2015対応

小児のCPRの実施はまれであるため,練習で正しい感覚を身に着けておくことが特に重要になります。

私たちは小児心肺蘇生(CPR)の経験のある専門家のアドバイスを基に,換気の際の圧迫や胸郭拳上時の抵抗をリアルに再現できるよう開発しました。

ガイドラインに順守

トレーニングセッションを素早く設定でき,ガイドラインに沿った測定が行われ,スコア評価されます。

持ち運び可能でどこでも練習可能

トレーニングマット兼用のキャリングケースとバッテリー動作により,自由な場所で練習が行えます。

簡単設定

Bluetoothを使用すると,SimPadスキルレポータ,QCPRラーナーアプリ,QCPRインストラクターアプリ(スマートフォン,タブレット向けアプリ)との無線接続が可能になります。レサシジュニア QCPRは,スキルガイドを使うことでより詳細なフィードバックを得ることも可能です。

CPRの質の測定と向上

フィードバックデバイスを使用することにより,継続的にCPRスキルを測定し改善することができます。 リアルタイムのフィードバックと総括的なパフォーマンスの結果を知ることで,ガイドラインにそったCPR技術を身に着けることができます。
測定される重要な指標には以下が含まれます:

  • 正確な圧迫深度
  • 適切な圧迫頻度
  • 完全なリリース
  • 十分なハンズオン時間
  • 適切な換気

レサシ ジュニア QCPR仕様の概要

  • 胸骨圧迫部分の設計が改良され,よりリアルな感触になりました。
  • ガイドライン2015遵守 – 圧迫深度50 ~ 60 mm
  • 換気量検知:100ml-240mlの範囲を正常と検知します。
  • 単三乾電池4本により約40時間動作します(時間は目安です。環境や状態により前後する場合がございます)。電源アダプタによる直接接続も可能です。
  • バッグバルブマスクとマウストゥマウスによる換気が行えます。胸郭拳上,頭部後屈が再現でき,それぞれのフィードバックが記録されます。
  • 低商品電力の通信モード,Bluetooth Low Energy(BLE)に対応しています。
  • トレーニングマット兼用キャリングバッグが付属します。

レールダル番号:181-00150

レールダル製品一覧

スキル改善のためのフィードバックツール

以下のオプションをマネキンと合わせてご利用いただくことで,CPRのパフォーマンスへのリアルタイムで累積的なフィードバックや,CPRスキル改善のための推奨事項に関するCPR後のセッションなどを取得できます。フィードバックのインターフェースは,他のLaerdal QCPR ソリューションと一貫性があり,分かりやすく,効果的でCPRの質が向上されることが実証されています。

スキルレポータアプリ(医療従事者向け)

スキルレポータアプリ

医療従事者向けに設計されたタブレットベースの無料アプリです。心肺停止の乳児,小児,成人のより緻密な蘇生トレーニングが可能になります。

素早く確実な接続

BLE(Bluetooth Low Energy)接続により,最大6体までのマネキンを同時に接続することができます。

プロトコルのローカライズ

地域のガイドラインとプロトコルをサポートするよう,スキルレポータを設定できます。

重要パラメータは全て取得

胸骨圧迫と換気についてそれぞれリアルタイムのフィードバックを行い,正確な操作を練習することができます。

詳細なディブリーフィング

各動作の詳細を確認することができます。実践的な個別のアドバイスを提供し,品質改善の取り組みに向けた結果をエクスポートします。

モチベーションとエンゲージメントの向上

結果を利用することにより,個人受講者やクラス全体が今後のセッションで今よりも高いパフォーマンスを発揮できるように促します。

データの書出しと活用

スキルレポータアプリを使用すると,品質向上プログラムにデータを簡単に入れることができます。セッションの結果を保存して確認するか,Excelにエクスポートします。

スキルレポータアプリ無料ダウンロード

Google Play(QCPR SkillReporter)

App store(QCPR SkillReporter)

チームレポータアプリ(一般向け)

チームレポータアプリ

チームレポータアプリは,リアルタイムのCPRフィードバック,改善のヒントを確認できるだけでなく,練習風景の録画を元にした報告を提供でき,ビデオオンデマンドのトレーニングを可能にします。

リアルタイムフィードバック

ハイパフォーマンスCPRの主要なパラメータに関するライブフィードバックを受取り、各チームメンバーがスキルを磨くのに役立ちます。

ビデオデブリーフィング

チームレポータでの記録は単なる録画ではありません。独自アルゴリズムにより,セッション毎に指導可能な瞬間を強調したカスタムビデオを作成します。

チームレポータアプリ無料ダウンロード

Google Play(TeamReporter)

App store(TeamReporter)

QCPRトレーニングアプリ(一般向け)

トレーニングアプリ

このアプリを使用することで,インストラクターは最大6体のマネキンのパフォーマンスの概要を同時に確認することができます。観察およびアプリからの客観的なフィードバックをとおして,インストラクターは素早くかつ効率的に学習者のスキルの改善に向けてにコーチングすることができます。
学習者の自主練習にも使用でき,このアプリを使用して学習者がお互いを指導しあうこともできます。
このアプリでは以下の内容を知ることができます(手の位置,時系列の情報,詳細換気量などはフィードバックされません)。

  • 胸骨圧迫が正しく行われた割合(%)
  • 圧迫深度
  • 完全なリコイル
  • 換気量
  • CPRの手順
  • スコアと改善点を実習者ごとに表示
  • 結果の保存

トレーニングアプリ無料ダウンロード

Google Play(QCPR Training)

App store(QCPR Instructor)

*異なるアプリを同時にマネキンに接続することはできません。

SimPad PLUSスキルレポータ ※別売り(医療従事者向け)

最も詳細なフィードバックが得られます。同時にマネキン6体までのワイヤレス制御を行い,制限時間内にイベントを記録して,CPRパフォーマンスの効果的なデブリーフィングを確実に実施します。

以下のフィードバックが得られます

  • 正しく行われた胸骨圧迫の割合
  • 圧迫深度
  • 適正なリコイル
  • 適正な手の位置
  • 中断の頻度と長さ
  • 適正な換気量
  • CPRシミュレーション中の重要事項の自動および手動による記録

このほかに,個別レポートをPCへ転送,研修プログラムの作成・管理,マネキンのコトントロール,閾値調整などが可能です。

SimPadPLUSスキルレポータ 詳細

スキルガイド ※別売り(一般向け)

小型で持ち運びが簡単な軽量のデバイスで,受講者がCPRスキルを測定,追跡,改善するための直接的かつ即時のフィードバックを提供するのに使用できます。

リアルタイムでは以下のフィードバックが得られます。

  • 胸骨圧迫の深さ
  • 胸部圧迫テンポ
  • 不完全なリコイル
  • 適正でない手の位置
  • 換気量
  • 圧迫と換気カウンター

セッション全体の成績として以下のフィードバックが得られます

  • 圧迫スコア
  • 換気スコア
  • 圧迫実施率
  • CPR継続時間
  • フローフラクション

スキルガイド 詳細

  • CPR手技の確認には,上記のスキルレポータ,スキルガイド,各種アプリのいずれかが必要です。
  • アプリを使用する端末(タブレット,スマートフォン)は別途ご用意ください。
  • アプリは非対応のCPRマネキンには使用できません。

製品マニュアルの記載言語:日本語