松田教授のよくわかる獣医外科基礎講座「イヌの胸椎椎間板ヘルニア」

¥11,000(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W63728

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

松田教授のよくわかる獣医外科基礎講座 第15弾

  • 獣医師が知っておきたい!胸椎椎間板ヘルニアの外科テクニック!
  • 映像を見ながら学ぶ!執刀医自らの解説入りDVD!

大好評の「松田教授のよくわかる獣医外科基礎講座」第15弾は,イヌの胸椎椎間板ヘルニアにおける椎弓切除術です。この手術では,中枢神経を傷つけないように慎重に進めること,また,椎弓を必要以上に切除しないことが重要となります。
今回は,HansenⅠ型の好発犬種であるミニチュアダックスフントの症例です。この犬は,以前に腰椎の椎間板ヘルニアと診断され,造窓術および椎弓切除術によって治療が施されましたが,術後1年数か月で胸椎に再発が見られたため,再び手術が必要となりました。
このDVDでは,松田教授自らが執刀し,開腹から棘突起の露出,椎間板物質の除去,そして閉腹に至るまでの全てを解説。手術の進め方や,ポイントがよくわかる内容となっております。是非ご活用ください。

指導・解説:

松田浩珍(東京農工大学大学院農学研究院教授/元米国エール大学医学部招聘客員教授)

*指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです

収録内容〈64分〉

今回の症例について

胸椎椎弓切除術

  • 切開ラインの決定
  • 皮膚切開
  • 皮下組織の分離
  • 棘突起から筋肉を分離
  • 棘突起の露出
  • 棘突起の切除
  • 皮質骨から海綿骨露出
  • 海綿骨から内側皮質骨露出
  • 椎弓部分の切除
  • 椎弓部分のトリミング
  • 棘突起のトリミング
  • 筋肉・筋膜縫合
  • 皮下組織の縫合
  • 皮膚縫合

まとめ

術後の管理