看護援助1 急性期から症状安定期までの看護

看護援助1 急性期から症状安定期までの看護
¥30,800(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W66413

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

看護援助1 急性期から症状安定期までの看護:W66413

脳梗塞患者の急性期から症状安定期までの事例。急性期の看護では,異常を早期に発見するための観察や検査,意識レベルが低い状態での安全管理,家族への援助,また二次的障害を予防するための良肢位の保持,体位変換,関節可動域訓練について,また安定期の看護では,ADLの拡大を目標とした,座位訓練,嚥下訓練,また患者のメンタルケアについて解説します。

  • 原案:浅野 祐子(前 茨城県立医療大学 保健医療学部 看護学科 講師)
  • 監修:堀内 ふき(佐久大学 看護学部 看護学科 教授)

*指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです

収録時間:41分

2008年

目で見る老年看護学 第2版 全7巻セット(W66409)に含まれています。

目で見る老年看護学シリーズ

ご好評をいただいた目で見る老年看護学がリニューアル。最新のデータ,最近のトピックスなどを加え,CG もグレードアップして,さらに分かりやすくなって生まれ変わります。高齢者に対する理解を深め,また看護を実践するための基礎知識を段階的かつ系統的に学べるように構成しています。