在宅におけるがん看護と家族へのケア

在宅におけるがん看護と家族へのケア
¥30,800(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W66633

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

在宅におけるがん看護と家族へのケア:W66633

終末期医療の現状と在宅緩和ケアのポイント(がんの死に至るまでの特徴,在宅緩和ケアを行うための条件,導入期から死別期までの各時期の看護)在宅がん看護の実際(終末期から最後までを在宅で過ごされたがん患者さんの事例,がん末期に出現しやすい苦痛症状とケア,看取りに向けた看護)など

収録内容

  • イントロダクション 2:56
  • 終末期医療の現状と在宅緩和ケアのポイント 8:13
    • 終末期医療の現状
    • 在宅緩和ケアのポイント
  • 在宅がん看護の実際 27:27
    • 患者プロフィール
    • 4月30日の看護
    • 5月2日の看護
    • 5月9日の看護
    • 5月14日の看護

収録時間:39分

  • 原案監修 大金 ひろみ (東京医療保健大学 医療保健学部 准教授)
  • 学術協力 金子 眞理子 (東京医療保健大学 東が丘・立川看護学部 教授)

*指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです

2014年

看護実践のためのがん看護 全5巻セットに含まれています。

看護実践のためのがん看護シリーズ

がん看護には,患者のQOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活・生命の質)への配慮,緩和ケア,初期診療から社会復帰にいたる支援など,技術的・精神的に高度な専門性が必要とされ,他の慢性疾患看護とは異なる特徴があります。本シリーズでは,がん看護における基本的な知識や技術,ケアのポイントなどについて解説し,看護師の役割について説明します。