摂食・嚥下障害

摂食・嚥下障害
¥30,800(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W66657

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

※このDVDは対面授業でのご利用が可能ですが、オンライン授業でのご利用はご遠慮下さい。
※このDVDは図書館でのご利用が可能です。ご希望の場合は図書館ユーザー登録が必要です。

摂食・嚥下障害とは

  • 摂食・嚥下障害の定義
  • 正常な摂食・嚥下の生理

発症のメカニズム

嚥下各期の障害:症状と背景,原因となる疾患など,随伴症状とリスク

診察・検査・治療

  • 診察:問診,他覚所見
  • 検査:スクリーニング検査,画像検査
  • 治療:リハビリテーション(間接訓練・直接訓練),管理栄養

アセスメント(具体例:脳血管疾患患者の回復期)

  • 患者プロフィール:発症からの概要,入院時の状況,入院時所見
  • 情報収集とアセスメント:背景・原因・誘因,種類,症状・状態,随伴症状,リスク

看護目標と援助

  • 看護の焦点と目標
  • 援助の内容:嚥下訓練,嚥下障害を補う環境づくり,嚥下障害に伴うリスク予防

収録内容

  • 摂食・嚥下障害とは 2:57
  • 発症のメカニズム 6:46
  • 診察・検査・治療 8:49
  • アセスメント 8:18
  • 看護目標と援助 9:29

収録時間:37分

原案監修

堀内 ふき (佐久大学 看護学部 看護学科 教授)

*指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです

2011年

看護のための病態生理とアセスメント 全14巻セットに含まれています。

看護のための病態生理とアセスメントシリーズ

本シリーズは,臨床でよく見られる症状について,本来の生理学的知識,病態の理解,検査や治療について,看護のために必要な内容を分かりやすく解説しています。また具体的に患者を設定し,病態生理を踏まえた上でのアセスメントや看護目標・援助といった看護過程でのポイントの例を示しています。看護学生には,ヘルスアセスメント,臨床看護過程,老年看護,成人看護などの学習の教材としてご活用いただけます。