リハビリテーション看護とチームアプローチ

¥30,800(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W81159

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

リハビリテーション看護とチームアプローチ:W81159

チームアプローチの必要性と専門職連携実践(IPW)の考え方とその実際を,急性期・回復期に関わる専門職の役割と機能を中心に見てゆきます。病弱な北島友子さん(73 歳)を自宅で介護する夫の靖さん(75 歳)は自らも大腸がんの手術のために,友子さんが短期で入院することになった病院へ,入院して来ました。この特殊なケースについての連携カンファレンスの実際を見てゆきます。

  • 監修:大塚眞理子 千葉大学 大学院看護学研究科附属専門職連携教育研究センター 特任教授

収録時間:33分

2016年

見て知るリハビリテーション看護 全10巻セット(W81157)に含まれています。