高血圧症と食事指導

高血圧症と食事指導
¥30,800(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W81011

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

わが国における高血圧者数は約4300 万人に達し,高血圧が惹起する心血管病による死亡は癌による死亡と同程度です。高血圧の治療には生活習慣の修正と,それと並行して降圧薬による薬物治療も必要になります。また,いまだに食塩摂取量が10g/日を超えているため,6g/日未満にすると共に,肥満者では運動や食事療法による減量が重要です。これらに加えて,野菜・果物・不飽和脂肪酸の摂取や節酒・禁煙を指導します。高血圧の食事療法の基本は減塩食です。家庭での味付けだけでなく,食が多様化した現代では外食,惣菜,加工品なども注意が必要です。また,他の生活習慣病同様,適正体重の維持が重要になってきます。肥満がある場合は,減量することで降圧が期待できます。薄味で,バランスのとれた適量な食事を心がけること,まずはこれまでの食習慣を確認することが必要です。

  • 医学解説: 片山茂裕 埼玉医科大学病院 病院長 埼玉医科大学 内分泌・糖尿病内科 教授
  • 栄養学解説: 須田幸子 埼玉医科大学病院 栄養部 課長補佐

収録時間:45分

2014年

生活習慣病と食事指導 全10巻セット(W81010)に含まれています。