潰瘍性大腸炎と食事指導

潰瘍性大腸炎と食事指導
¥30,800(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W81016

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

潰瘍性大腸炎と食事指導:W81016

わが国の潰瘍性大腸炎の患者は約13万人でクローン病の患者は約3.4万人と言われています。潰瘍性大腸炎の患者数は現在も加速して増加しており,それと共に治療法も多様化しています。この疾患は広く食事療法,薬物療法が行われ寛解の症例が増加していますが,最近,寛解の評価はスコアだけでなく,粘膜治癒をみるべきであると言われています。潰瘍性大腸炎の発癌に対する注意点・重症化しないための注意点についても解説します。潰瘍性大腸炎は再燃と寛解を繰り返す炎症性腸疾患で,腹痛や下痢,発熱による栄養摂取量の減少と異化亢進が生じます。さらに消化吸収障害やタンパク漏出が合併し,その結果,タンパク・エネルギー栄養障害(PEM)を特徴とする慢性的な栄養障害を生じます。薬物療法が第一選択され,栄養療法,食事療法は栄養状態を改善・維持することが目的です。重症度や経過は多彩であるため,個々の臨床的重症度に応じて,栄養・食事療法を行います。

  • 医学解説: 峯 徹哉 東海大学 医学部内科学系消化器内科 教授
  • 栄養学解説: 藤井穂波 東海大学 医学部付属病院診療技術部 次長/栄養科 科長

収録時間:38分

2014年

生活習慣病と食事指導 全10巻セット(W81010)に含まれています。