貧血と食事指導

貧血と食事指導
¥30,800(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W81017

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

貧血と食事指導:W81017

鉄欠乏性貧血は,貧血の大部分を占め胃腸の癌が原因となるので,その診断が重要ですが偏食などでも起こります。治療は鉄剤によりますが,再発防止には食事療法が重要です。巨赤芽球性貧血は,多くはビタミン(V)B12の腸からの吸収に必要な内因子との結合障害による,体内のVB12の不足によって起こります。VB12製剤で治療しますが,再発防止に食事療法が有効な場合があります。この2疾患を中心に貧血と食事療法につき解説します。食事で対応できる貧血は,鉄欠乏性貧血と巨赤芽球性貧血です。貧血になってしまったら薬物療法が優先しますが,貧血の予防や再発防止のためには,貧血を起こした原因を探り偏食や無理なダイエットなどであれば改善し,規則正しい食生活を心掛け,貧血に関係する栄養素とそれを含む食品を知り,バランスの良い食事内容にする必要があります。食事だけでは改善しない場合には,サプリメントや治療用特殊食品の利用も必要となります。

  • 医学解説: 上田孝典 福井大学 副学長 福井大学 医学部血液・腫瘍内科 教授
  • 栄養学解説: 北山富士子 福井大学 医学部附属病院 栄養部 副部長

収録時間:49分

2014年

生活習慣病と食事指導 全10巻セット(W81010)に含まれています。