操体法入門

¥13,200(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W65353

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

操体法入門:W65353

操体法の診断の大きな特徴である動診は,からだを動かして,感覚を分析する診断法です。その動診を行う上で最も基本となるのが,連動です。からだは局所が動けば全身が連動して動いてきます。 この連動のメカニズムは,操体法の創始者である橋本敬三医師の「運動系は中枢神経を介し,合目的に連動装置になっている」という考えを踏まえて,その弟子である三浦寛氏が40年の操体臨床を通して1つ1つ解明し続けてきたものです。この「連動」というからだの診かた捉え方が理解できると,からだを診る視点が変わり,あらたなる診断,治療の可能性が広がります。

DVDでは「局所と全身とが相協調的に作動しあう連動のメカニズム」を紹介した上で,連動をどのように臨床に応用しているのかを4つの症例を示し紹介していきます。

出演:

三浦 寛

操体法入門の内容(118分)

基本編

  • 上肢の押し込み
  • 両上肢の押し込み
  • 左手および前腕の外旋,内旋
  • 両手合掌,両手首前腕の左回旋・右回旋
  • 右手関節の尺屈,トウ屈
  • 両手関節の尺屈,トウ屈
  • 左手関節の背屈,掌屈
  • 右上肢の引き込みと押し込み
  • 右下肢の求心性加力短縮
  • 右下肢の遠心性加力伸長
  • 右足関節の外反・内反
  • 左足関節の外転・内転など

臨床編

  • 五十肩
  • メニエール病
  • 神経性の腹痛
  • 頚肩腕症候群