分娩経過のアセスメントと看護 入院時の健康検査

¥30,800(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W66396

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

分娩経過のアセスメントと看護 入院時の健康検査:W66396

※このDVDは対面授業でのご利用が可能ですが,オンライン授業でのご利用はご遠慮下さい。
※このDVDは図書館でのご利用が可能です。ご希望の場合は図書館ユーザー登録が必要です。

早朝から規則的な陣痛が開始した妊娠39週の産婦の事例です。陣痛開始時の医療機関への電話連絡,入院時健康診査(胎児心音の聴取,レオポルド触診法,基本的ニードの充足状況の確認など)について解説しています。第2版では,近年医療機関でもよく行われているバースプランについて追加しています。

  • イントロダクション 0:54
  • 陣痛発来~入院 10:06
  • 入院時健康診査 21:24
    • 入院時健康診査
    • アセスメント

収録時間:32分

原案監修

  • 齋藤 いずみ(神戸大学大学院 保健学研究科 教授)
  • 笹木 葉子(名寄市立大学 保健福祉学部 教授)

2017年

*指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです

目で見る母性看護 第2版 全6巻セット(W66392)に含まれています。