小児看護学実習の特徴と看護学生の心得

小児看護学実習の特徴と看護学生の心得
¥30,800(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W66672

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

小児看護学実習の特徴と看護学生の心得:W66672

小児看護学実習の目的,実習を行う学生の心得,そして個人情報保護について解説します。また一例として滋賀医科大学医学部附属病院の小児病棟の特徴や施設を紹介し,実際に病棟で働いている保育士や院内学級の教諭のインタビューも収録しています。

収録内容

  • 小児看護学実習の概要 4:54
    • 小児看護学実習の目的
    • 学生の心得
  • 小児病棟の特徴と施設 10:55
    • 小児病棟の特徴
    • 病棟案内
    • プレイルーム
    • 院内学級
    • 子どもの発達段階に合わせた看護
  • 個人情報保護 6:25
    • 実習記録の取り扱い
    • 記録に関する注意事項
  • 実習指導者のインタビュー(エンディング) 2:09

収録時間:24分

2014年

小児看護学実習 全3巻セットに含まれています。

小児看護学実習シリーズ

少子化,核家族化が進んだ現在の社会では日常生活で乳幼児や児童に接する機会が減り,多くの学生が実習での子どもやその家族との接し方に不安を感じています。また,分娩数の減少や小児の入院期間の短縮などにより,充実した実習を行うことが難しくなってきています。本シリーズでは,小児看護学実習の実際の様子を多数収録しており,学生が子どもの成長や発達段階に合わせてかかわり,看護する様子などを見ることで,小児看護学実習について具体的にイメージすることができるようになっています。実習の事前学習教材としてぜひご活用ください。