精神看護実習 患者とのコミュニケーションのポイント

¥30,800(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W66218

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

精神看護実習 患者とのコミュニケーションのポイント:W66218

精神看護実習を行うに当たり,多くの学生が不安に感じる患者とのコミュニケーションについて,実習の流れを説明しながらそのポイントについて解説します。また学生が実習中にしばしば経験するいくつかの問題を提示し,その対応について紹介します。

  • 原案監修:岡田 佳詠(筑波大学大学院 人間総合科学研究科 准教授)

*指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです

収録時間:41分

目で見る精神看護 第2版 全3巻セット(W66216)に含まれています。

目で見る精神看護シリーズ

現在の精神科医療は「入院医療中心から地域生活中心へ」という基本方針のもとに,精神障害者の地域生活支援体制の充実が進められています。本シリーズでは,病院だけでなく地域生活からの視線を含めた精神科医療の現状,精神障害者の地域生活を支える社会資源,また精神看護実習の実際について分かりやすく解説します。