筋骨格疼痛症候群治療のためのヤンダ ・ アプローチ 〜 機能的なアプローチの概論と評価の実際 〜

¥13,200(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W63742

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

DVD 2枚

  • チェコのリハビリテーションの父,ヤンダ氏が提唱した「ヤンダ・アプローチ」の基本概念!
  • マッスル・インバランスを改善し,運動パターンを正常にする!
  • 臨床でよく見られる筋骨格異常に対するアプローチ!

慢性的な筋骨格の疼痛は,マッスル・インバランスによる機能障害を引き起こし,運動パターンを崩してしまいます。ヤンダ・アプローチでは,全身的な評価を行い,痛みの因子や誘発要因を特定します。そして,筋の協調性,収縮,活性化を整えることで痛みを軽減し,運動パターンを正常にするために働きかけていきます。理学療法士や作業療法士の方はもちろん,日々,身体のコンディショニングにあたるトレーナーの方にとっても非常に役に立つ内容です。是非,このDVDでヤンダ・アプローチの理論を学び,お役立ていただければと思います。

ヤンダ・アプローチとは

チェコの神経学者・リハビリテーション医のブラディミア・ヤンダ氏が提唱したアプローチ。筋や神経等に対し個別に治療するのではなく,姿勢や運動パターンなど全身的な評価を行うことでマッスル・インバランスを見つけ,中枢神経系と筋骨格系からアプローチしていく方法で,様々な障害に対して活用することが出来る。

実技・解説:

Clare Frank クレア・フランク(DPT,MS,OCS,FAAOMPT)
ヤンダ氏の直接指導を受け,現在は,その豊富な臨床経験・教育経験を活かし,臨床インストラクターとして世界各地で活躍。

監修:

小倉 秀子(PT,DPT,MTI東京主宰)

筋骨格疼痛症候群に対する機能的なアプローチ(80分)

ここでは,ヤンダ・アプローチを実践するにあたって必須となる機能的なアプローチの概論を解説します。評価と治療の基礎となる重要な考え方です。

イントロダクション

機能的なアプローチ

  • 構造と機能
  • 機能障害とマッスル・インバランス
  • 安定性と運動性のバランス
  • フィードバック,フィードフォワード
  • 筋スリングと連鎖
  • 姿勢連鎖
  • 筋の分類
  • 緊張系と相動性系
  • マッスル・インバランスによる2次的な障害
  • リハビリテーションのゴール

筋骨格疼痛症候群の評価(29分)

評価では,様々なテストから緊張・短縮した筋,弱化した筋を鑑別し,治療へと繋げていきます。ここでは実技で評価の方法を解説します。

評価の概要

評価の実際

  • 股関節伸展テスト
  • 起き上がりテスト
  • 頚部屈曲テスト
  • 肩関節外転テスト
  • 股関節外転テスト
  • 腕立て伏せテスト

評価の実際(仮説の立証)

  • 股関節伸展テスト
  • トーマステスト変法
  • トーマステスト変法(短縮している筋の鑑別)

まとめ