手指骨折後の治療戦略

手指骨折後の治療戦略

¥15,400(税込)

カートで使えるお支払方法

  • クレジットカード
  • 代金引換
  • Amazon Pay
お支払方法の詳細
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W63887

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

DVD 2枚

手指骨折の手術後に生じる障害は,可動域制限が主となります。
その要因としては,浮腫,伸展機構の機能不全,関節拘縮などが考えられます。
それぞれの病態,治療方法について解説します。

骨折後の治療の流れと浮腫への対応(57分)

  • 構成関節の特徴
  • 骨折の発生機序と骨折後の障害
  • 屈筋腱の走行
  • 治療の流れ
    • <浮腫>
  • 発生原因
  • 着眼すべきポイント
  • 治療戦略
    • 早期Edemaへの対応
    • 手背に生じたEdemaに対して
    • アーチ形成テーピング

伸展機構の機能不全と関節拘縮への対応(48分)

伸展機構の機能不全

  • 基本構造
  • 治療戦略
    • ROM制限の治療
    • 伸展機構の治療層
    • Edemaへの対応
  • 圧痛
    • 圧痛の特徴
    • 側方型
      • 特徴
      • 虫様筋の機能不全
      • 虫様筋の触診とリラクゼーション
      • 治療方法
    • 背側型
      • 特徴
      • 骨間筋の機能不全
      • 骨間筋の触診とリラクゼーション
      • 治療方法

関節の拘縮

  • 拘縮への対応

2017

機能解剖学に基づいた手指・肘関節の治療戦略に含まれています。