脳卒中片麻痺の歩行に対する運動学習 ~ “ 意識するだけ ” で運動が変わる脳へのリハビリ ~

¥30,800(税込)

カートで使えるお支払方法

  • クレジットカード
  • 代金引換
  • Amazon Pay
お支払方法の詳細
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W63911

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

DVD 4枚

  • 最新の脳科学にもとづいた“意識するだけ”の新しいリハビリ!
  • 変化の実感!日常生活でできる基礎練習!
  • 実際のリハビリ場面を収録!意識してもらうための指導法!

実技・解説:生野達也

一般社団法人動きのコツ協会 代表理事/理学療法士

脳科学の研究によると,感覚を感じ取りやすくなる結果,体を動かすための脳からの指令が変化することで,麻痺側の手足が「力が入りやすい」,「力の抜き方がわかった」となる可能性があります。つまり,麻痺の改善のためには体の感覚を意識することが大切で,セラピストがそこに導く必要があるのです。

このDVDでは,まず運動学習に対する基礎的な知見と評価・介入のポイントを解説し,次に,脳卒中片麻痺患者における実際のリハビリ場面で,歩行のコツの教え方や日常生活でできる基礎練習を供覧します。

少し意識するだけで,大きな変化が見られる可能性があります。是非このDVDをご覧いただき,まずは始めてみてください!

脳卒中片麻痺に対する運動学習のポイント (70分)

  • イントロダクション
  • 動きにくさの理解:体性感覚
  • 運動学習のメカニズム:注意・難易度設定
  • 効果的な運動学習へ導くポイント:聴く力

評価と介入のポイント (37分)

  • 評価のポイント
    • 一連の流れ
    • 反張膝の例
    • 内反の例
  • 介入のポイント
    • 難易度に応じた介入
    • 立位の例
    • 座位の例
    • 導きだす指導内容

運動学習の実践例【1】 (86分)

  • はじめに
  • 評価と介入
  • 自主リハビリメニューのまとめ

運動学習の実践例【2】 (101分)

  • 評価と介入
  • 自主リハビリメニューのまとめ
  • おわりに

2018.08