次世代のボディ・コンディショニングタウトニングS 虎の巻

¥11,000(税込)

カートで使えるお支払方法

  • クレジットカード
  • 代金引換
  • Amazon Pay
お支払方法の詳細
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W63921

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

DVD 1枚

秒速変化のコンディショニング!安全で再現性の高い調整法!

柔軟性と筋出力の皮膚調整!

実技・解説:堀川 浩之

WBC institute 一般社団法人 代表/ボディコンディショニングスペースHOT 代表/理学療法士

皆さまは,「タウトニング」をご存知でしょうか?ピンと張った状態(Taut)を語源とした,これまでにない次世代のコンディショニング方法で,可動域(関節の動く範囲)・筋出力(力の入りやすさ)を,瞬時に飛躍させます。

このDVDでは,タウトニングの種類のひとつ『スキン』について,実技を交えて解説します。タウトニングSは,目的の器官である『皮膚』をピンと張るところまで動かすように調整し,クライアントのパフォーマンスを最大限に引き出します。

今までにない,画期的なコンディショニング方法です。ぜひご覧ください!

タウトニングS 虎の巻(64分)

  • ■コンディショニングとは
    • ◎コンディショニングとは
    • ◎ボディ・コンディショニングとは
    • ◎Tautening S (for skin)
  • ■身体の不調とは
  • ■なぜその不調は起こるのか
  • ■ボディ・コンディションチェック
    • ◎自分の身体を知ること
    • ◎タウトニングは何が違うのか
    • ◎タウトニングの位置付け
    • ◎タウトニングの目的
    • ◎タウトニングSの理論
  • ■第一の法則(末梢-中枢パターン)
    • ◎上肢
    • ◎下肢
  • ■第二の法則(リンパパターン)
    • ◎上肢
    • ◎下肢
    • ◎肩甲帯上部
    • ◎肩甲帯下部
    • ◎胸部
    • ◎腹部
    • ◎骨盤帯
  • ■まとめ

  • 【適応】
    • (1)関節可動域制限(柔軟性低下など)
    • (2)筋力低下(筋出力低下,運動麻痺など)
    • (3)易疲労性(低負荷化,持久性向上,疲労回復能力向上など)
  • 【禁忌】
    • 1.プッシング法
      • (1)疾病に伴い発症した急性炎症(蜂窩織炎等)
      • (2)急性下肢静脈炎(急性の静脈性疾患,静脈炎,深部の血栓症等)腹腔内の手術後
      • (3)照射療法後(放射線性腸炎,放射線性膀胱炎など)
      • (4)大動脈瘤,腸閉塞症の既往がある場合
      • (5)骨盤内静脈血栓症の既往がある場合
      • (6)バクテリア性の炎症(フィラリア等)
      • (7)悪性の経過をたどるもの
      • (8)組織移植がある部位
      • (9)放射線による皮膚変性や硬化,線維化のある部位
    • 2.グライディング法
      • (1)疾病に伴い発症した急性炎症(蜂窩織炎等)
      • (2)急性下肢静脈炎(急性の静脈性疾患,静脈炎,深部の血栓症等)
      • (3)皮膚開放裂傷(損傷部位)
      • (4)皮膚癌(悪性新生物)
      • (5)バクテリア性の炎症(フィラリア等)
      • (6)悪性の経過をたどるもの
      • (7)組織移植がある部位
      • (8)放射線による皮膚変性や硬化,線維化のある部位
  • 【注意】
    • 1.プッシング法
      • (1)心性浮腫,心不全
      • (2)高齢者
      • (3)妊娠中
      • (4)ペースメーカー
      • (5)月経中
      • (6)腹部疼痛
      • (7)末梢の閉塞性動脈硬化症
      • (8)甲状腺機能亢進症
      • (9)頸動脈洞症候群
      • (10)重症な不整脈などの頸部の急性疾患
      • (11)高血圧
      • (12)狭心症
      • (13)不整脈
      • (14)強皮症,関節リウマチ,ズディック症候群
      • (15)乳幼児
    • 2.グライディング法
      • (1)感染症
      • (2)慢性炎症
      • (3)瘢痕部位

2019.03