摂食・嚥下障害

摂食・嚥下障害
¥35,200(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W66483

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

摂食・嚥下障害:W66483

摂食・嚥下の生理(解剖,嚥下モデル),摂食・嚥下の評価(問診,スクリーニング検査,精密検査(嚥下造影検査/嚥下内視鏡検査)など)について説明し,摂食・嚥下のリハビリテーションとして,間接訓練,直接訓練,代償的手段,代償的栄養法,手術的療法,口腔ケア,チーム医療などについて解説します。

  • 原案監修:才藤栄一(藤田保健衛生大学 医学部 リハビリテーション医学Ⅰ講座 教授)
  • 原案:柴田斉子(藤田保健衛生大学 医学部 リハビリテーション医学Ⅰ講座)

リハビリテーション医学 第2版 全20巻セット(W66481)に含まれています

収録時間:42分

収録内容

  • イントロダクション
  • 摂食・嚥下障害の生理
    • 解剖
    • 嚥下モデル
  • 摂食・嚥下障害の評価
    • 問診・評価・診察
    • スクリーニング検査
    • 精密検査(嚥下造影検査/嚥下内視鏡検査)
  • 摂食・嚥下障害のリハビリテーション
    • 機能改善練習(間接訓練、直接訓練)
    • 代償的手段
    • 代替的栄養法
    • 口腔ケア
    • 手術的療法
    • チーム医療

リハビリテーション医学シリーズ

大好評をいただいた「リハビリテーション医学」が,資料写真や映像,CGを一新して16:9のワイドな画角で遂にDVD化!チーム医療としてのリハビリテーションの実際と,その解剖学的・生理学的な裏付けを分かりやすく解説します。医師,看護師,理学療法士,作業療法士,言語聴覚士などの卒後研修,卒前教育用にご活用ください。