インナーユニット・エクササイズ 腰痛・肩こりの治療効果を高める

¥8,800(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W65338

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

インナーユニット・エクササイズ 腰痛・肩こりの治療効果を高める:W65338

鍼治療やマッサージなど,治療によって腰痛や肩こりが改善できても,その原因となっている問題そのものを解決しなければ,患者を痛みから解放できない・・・。

プロ野球で13年トレーニングコーチを務めてきた宮本英治氏は,鍛えぬかれた素晴らしい肉体をもってしても腰痛や肩こりが絶えず,最高の治療を受けても再発する痛みを抱えたプロ野球選手と長年苦楽を共にしながら,その原因について考えてきました。そんな宮本氏が「予防医学」の観点から経験と研究を重ねて編み出したのが,このインナーユニット・エクササイズです。現在,松井稼頭央選手のほか多くのプロ選手はもちろん,学生や高齢者など幅広い層に指導し,高い効果をあげています。

体幹,いわゆるコアの筋肉を鍛える重要性はすでにうたわれていますが,このエクササイズでは骨格に守られていない腹部の「インナーユニット〔腹横筋,横隔膜,多裂筋,骨盤底筋〕」を中心に鍛えることにより,それまで本人が知らないうちに代償運動をさせていた腰部や頚肩腕部への負担を軽減。さらに姿勢を改善し,腰痛・肩こりになりにくい肉体へと導く。エクササイズ自体は非常にシンプルで負荷が少なく,一般的な腹筋・背筋ができない人でも十分できますが,効果的に鍛えるために,おさえるべきポイントが多数あります。治療家の方が,治療の「仕上げ」として患者に指導するにも最適です。

出演:

宮本英治

インナーユニット・エクササイズの内容(62分)

理論編 原因ヘのアプローチ

  • ヒトの基本機能
  • インナーユニットとは
  • なぜ障害予防にインナーユニットなのか

実技編 姿勢チェック

  • 骨盤や腰椎の動きを改善するエクササイズ
  • ドローイン:インナーユニットを活性化
  • ドローイン第1段階
  • ドローイン第2段階
  • 壁を利用したエクササイズ
  • 股関節周辺のエクササイズ
  • 肩甲骨まわりのエクササイズ
  • 例:腰椎前弯の人の場合