トップ, メニューへジャンプ, 本文へジャンプ

骨粗鬆症,比較モデル

健康な状態と骨粗鬆症に侵された胸椎を比較できます


骨粗鬆症・説明比較模型:画像

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)に侵された胸椎と健康な胸椎を比較するための教育用モデルです。

医学研究および患者への説明に適しています。骨粗鬆症に侵された第11胸椎と第12胸椎を再現しており,向かって左側の椎間板が扁平化しています。第11胸椎は中央で切断されており,切断した片側は磁石で固定されているので,簡単に取り外して断面を見ることができます。このため,骨粗鬆症の進行やその結果としての骨質の劣化をはっきりと目で確認できます。

また,骨粗鬆症の兆候が現れた骨の変性も観察できます。比較のために,対応する2組の健康な胸椎と椎間板のモデルが右側に配置されています。こちらも胸椎体の上部は磁石で固定されており,取り外し可能です。各モデルの前方には,骨の生体組織検査より得られた2枚の3DマイクロCT画像が貼られています。この画像では骨粗鬆症に侵された骨の微細構造が示されており,健康な骨と比べて骨密度が低いことが分かります。

観察できる内容は以下の通りです。

部位名称表の記載言語:
日本語・ラテン語・英語・ドイツ語・スペイン語・フランス語・ポルトガル語・イタリア語・ロシア語・中国語

部位名称表に記載された照合できる部位

製品の詳細

正面

正面

背面

背面

上側より

上側より

マイクロCTによる3次元イメージ画像

マイクロCTによる3次元イメージ画像

骨粗しょう症の胸椎

骨粗しょう症の胸椎

骨粗しょう症の胸椎(断面)

骨粗しょう症の胸椎(断面)

健康な胸椎

健康な胸椎

健康な胸椎(断面)

健康な胸椎(断面)

この製品の安心購入ポイント!

骨格模型全般でよくあるご質問

この商品を見た人は,こんな商品も見ています

人体模型(左メニュー)

左メニュー終り
科目別おすすめ製品
先頭にこのページの先頭に