トップ, メニューへジャンプ, 本文へジャンプ

イヌの胸椎椎間板ヘルニア

椎弓切除術の流れとポイントを丁寧に解説します


イヌの胸椎椎間板ヘルニア:画像

買物かごに入れる

公費でのご注文について

品番
W63728
価格
10,800円‐税込
送料
無料
送料規定の詳細
こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません
お届けに1週間程度かかります
DVD1枚

松田教授のよくわかる獣医外科基礎講座 第15弾

大好評の「松田教授のよくわかる獣医外科基礎講座」第15弾は,イヌの胸椎椎間板ヘルニアにおける椎弓切除術です。この手術では,中枢神経を傷つけないように慎重に進めること,また,椎弓を必要以上に切除しないことが重要となります。
今回は,HansenⅠ型の好発犬種であるミニチュアダックスフントの症例です。この犬は,以前に腰椎の椎間板ヘルニアと診断され,造窓術および椎弓切除術によって治療が施されましたが,術後1年数か月で胸椎に再発が見られたため,再び手術が必要となりました。
このDVDでは,松田教授自らが執刀し,開腹から棘突起の露出,椎間板物質の除去,そして閉腹に至るまでの全てを解説。手術の進め方や,ポイントがよくわかる内容となっております。是非ご活用ください。

*指導・解説・協力者等の所属は発売時点のものです

収録内容〈64分〉

今回の症例について

まとめ

術後の管理

この商品を見た人は,こんな商品も見ています

DVD・ビデオ(左メニュー)

左メニュー終り
科目別おすすめ製品
先頭にこのページの先頭に