日本の看護 GHQによる看護改革

¥30,800(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W66369

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

日本の看護 GHQによる看護改革:W66369

現在に至る日本の看護教育や制度の整備は,太平洋戦争終了後,連合国軍総司令部(GHQ)公衆衛生福祉局の主導により行われ,当時のアメリカの看護婦は日本の看護婦と共に,日本における看護の発展のために努力をしました。この番組では,GHQの公衆衛生福祉局が行った看護改革(免許制度,看護教育の改革,就業看護婦の再教育,看護サービスの改革,保健所の設置)について,そして,それらが日本の看護に与えた影響について,当時の資料写真とCGを用いて分かりやすく解説します。また,今後の看護の展望と拡大された役割についても見ていきます。

収録時間:25分

看護教育概論に含まれています。