パーキンソン病の患者事例

パーキンソン病の患者事例

¥30,800(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W66751

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

パーキンソン病の患者事例:W66751

~胃瘻造設の意思決定を行う高齢男性~

関根悟さんは70歳でパーキンソン病と診断され,在宅で療養を続けていましたが,次第に身体機能が低下し,誤嚥性肺炎による入院を繰り返すようになりました。この事例では,アセスメントの視点として,症状の進行状況,生活状況,服薬状況,家族の介護状況,患者と家族による治療の自己決定などに着目しながら,診断時,4年後,6年後,9年後の看護場面を紹介します。

  • 70歳(診断,告知) 5:10
  • 74歳(薬剤コントロール) 7:06
  • 76歳(誤嚥性肺炎) 7:43
  • 79歳(誤嚥性肺炎:入院当日~7日目) 7:32
  • 79歳(誤嚥性肺炎:入院9日目) 5:34

収録時間:34分

2020年

老年看護のためのアセスメント事例集 全3巻セットに含まれています。