リハセラピストのための運動機能評価としての画像の読影 全4巻セット

リハセラピストのための運動機能評価としての画像の読影 全4巻セット

¥33,000(税込)
閉じる

教育機関,官公庁,その他の公立機関のお客様につきましては,公費でのご注文もお受けしております。

見積書,納品書,請求書や各種証明書類の発行など,柔軟に対応いたします。

*後払いご希望の場合は書面にてご注文をお願いいたします。

送料 無料
品番W63980

こちらの商品は,ご注文後のキャンセル・返品・交換はお受けできません

お届けに1週間程度かかります

DVD 4枚

損傷ではなく,運動機能の喪失と解釈する!

療法士に求められるのは運動機能評価としての画像の読影!

このDVDでは,リハビリテーションに活かすための画像の読影方法について,実際の画像を提示しながら解説をします。
整形外科医が診断した内容に対し,改めて療法士が画像の読影をする必要はあるのかという質問をよく耳にします。
もちろん,医師と同じような評価をするのでは,療法士が画像の読影をする必要はありません。
療法士には器質的な診断ではなく,あくまでも運動機能評価として画像の読影をすることが求められます。

運動機能評価としての読影とは,骨や筋などの損傷ではなく,それらの部位が持つ運動機能が低下していると解釈するということです。
しかし,これまで画像の読影を学べる場が少なく,画像の読影を苦手とする療法士も少なくありません。
画像の読影に必要とされる,“医療画像”と“画像解剖(断層)”の理解を深め,画像から正しい情報を読み取る力を身に付けていきましょう。

解説:瀧田勇二

白金整形外科病院 リハビリテーション科 理学療法士

基礎編(90分)

  • 基礎編Ⅰ
    • イントロダクション
    • 画像の種類と特徴を理解しよう
  • 基礎編Ⅱ
    • レントゲン画像による運動機能評価
    • 骨挫傷
    • 筋損傷
    • 腱の障害
    • 滑液包炎
    • 末梢神経障害(腰椎ヘルニアを含む)
    • 靭帯損傷(TFCCを含む)
    • 脂肪叢

脊椎編(49分)

  • 頸椎
  • 腰椎
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊椎圧迫骨折

上肢編(65分)

  • 上腕
  • 肘関節
  • 手関節

下肢編(89分)

  • 足関節
  • 股関節
  • ハムストリングス
  • 膝関節
  • 下腿
  • アキレス腱

2021